株式会社アトラエに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アトラエに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年設立の成功報酬型求人メディア『Green』の企画・開発・運営などを行っている企業。人工知能を活用したビジネスパーソン向けのマッチングアプリ『yenta』や組織改善プラットフォーム『wevox』も手がけている。2016年6月に東証マザーズに上場。


1. アトラエってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

テクノロジー×HR領域におけるリーディングカンパニー

1-2 創業者と沿革

代表取締役 
新居 佳英

上智大学理工学部卒業後、株式会社インテリジェンスに入社。当時100名程度のベンチャー企業であった同社にて、人材紹介事業部の立ち上げから、関連会社の代表取締役を経験。2003年10月に現在のアトラエを設立。

出典:
https://green-japan.com/interview/172

沿革

平成15年10月 東京都目黒区中目黒において株式会社ユビキタスコミュニケーションズを設立(資本金10,000千円)
平成15年11月 本社を東京都渋谷区神宮前に移転
平成17年4月 商号を株式会社I&Gパートナーズに変更

(有価証券報告書・4ページ)

1-3 本社所在地とネットワーク


本社所在地
東京都港区三田1-10-4 麻布十番日新ビル2F

出典:
https://atrae.co.jp/company.html

1-4 ビジョン・ミッション

Vision - ビジョン -
・世界中の人々を魅了する会社を創る

全ての社員が誇りを持てる組織と事業の創造にこだわり、関わる人々がファンとして応援したくなるような魅力ある会社であり続けます。
そして日本を代表するグローバルカンパニーとして、世界中の人々から必要とされる存在を目指します。

Atrae Standard - 行動指針 -
Atraeのビジョンを実現するために、私たちが最低限必要だと考えている個人の行動や姿勢、考え方です。

・期待を超えろ 顧客や仲間に「感動」を与える
・常に挑戦者たれ 挑戦して失敗する人 > 挑戦せずに失敗しない人
・全ての行動に誇りを 一人ひとりの自覚と誇りが組織を創る
・城をつくる意識を持て 視点高く、仕事を楽しめ
・神輿を盛り上げろ 責任性・協調性を持ち続ける
・自らが舵を取れ 一人ひとりが経営者の意識を持て

2. アトラエって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年9月期 13億1200万円
2015年9月期 8億3700万円
2014年9月期 5億6300万円

▲営業利益
2016年9月期 3億9000万円
2015年9月期 9400万円
2014年9月期 8800万円

▲当期純利益
第13期(2016年9月期) 2億5288万7000円
第12期(2015年9月期) 6424万3000円
第11期(2014年9月期) 5785万7000円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲サービス別売上高(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
Green 13億947万4000円
新規事業 310万円
その他 5万円

2-3 主力商品

IT/Web業界の求人メディア「Green」

Greenは業界に先駆けて成功報酬型の料金体系を導入した、成長企業の採用を支援する求人メディアです。
インターネット時代における全く新しい人と企業のマッチングプラットフォームとして、蓄積してきた膨大な採用活動・転職活動データの解析をもとに、転職を考える人には最適化した求人の提案を、採用を考える企業には最適化した人材の提案を実現することによって、効率的なマッチングを生み出します。
アナログに人が仲介することで、クローズド・高額にならざるを得なかった従来のサービスに対し、ITを最大限活用することによってオープンで安価に価値を提供するプラットフォームを実現します。

ビジネスを加速させる出会い「yenta」

yentaは、人工知能を活用したビジネスパーソン向けのマッチングアプリです。
毎日昼の12時に人工知能がおすすめする10人のプロフィールが届き、「興味あり」「興味なし」とスワイプするだけで、お互いに興味を持ったビジネスパーソン同士がマッチングして、メッセージのやりとりを経てランチタイムなどを利用した情報交換等の交流をすることができるアプリです。機械学習の仕組みによって、yentaを使えば使うほど、より会いたくなるような10人がおすすめされるのもyentaの特徴です。
実際にyentaを通じて、起業仲間が見つかったり、事業提携が生まれたり、自社の採用が決まったりと、yentaを通じて多くの価値が生まれています。「ビジネスを加速させる出会い」というコンセプトの元、世界のビジネスを加速させるハブになるようなアプリケーションを目指します。

組織改善プラットフォーム「wevox」

wevox(ウィボックス)とは、組織に対するエンゲージメント(愛着心・信頼等)や組織の現状を、定量的かつ多角的に把握し、その結果を基に組織を改善していくためのサービスです。
上記の"エンゲージメント機能"と、2015年12月より義務化されたストレスチェックの実施ができる"ストレスチェック機能"の2つの機能で構成されており、これらの結果を分析することで、組織改善のPDCAサイクルを促進し、より望ましい経営環境を構築することが可能となります。
働く人々の多くが"やりがい"を感じられるような組織を一つでも増やしたいという想いから、wevoxを開発・運営しています。

3. アトラエの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役
新居 佳英

昭和49年7月29日生
平成10年4月 株式会社インテリジェンス入社
平成12年7月 株式会社インサイトパートナーズ代表取締役就任
平成15年10月 当社設立代表取締役就任(現任)

出典:http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2472080

3-2 発言、ブログ、エピソード

企業である以上、売上や利益を最大化することも一つの目的ではありますが、何より大切にすべきは「どれだけ社会にとって価値あるサービスを提供できるか」であり、それができれば売上や利益はついてくるはずだと思っています。誰かに感謝されるサービス、誰かの役に立つサービスであることを最優先とし、その次にビジネスとしての収益化を考える、この順番を大事にしています。そのため、すでに十分に顧客が満足しているところに、模倣したものを立ち上げ、一時的な売上を得るようなことには一切興味がありません。我々が担うことでいかに世の中の企業や人々に喜びと感動を創造できるか、という介在価値を重視してサービスを運営しています。

私が理想だと思っている組織は、ルールが少なく、個々人が本気で信頼し合い、尊敬し合い、一致団結してワクワクする目標を追い求めている、そんな集団です。
そういう組織を創りあげるために大事な要素は以下の4つだと考えています。
・採用へのこだわり(スキルだけではなく人間性も重視)
・価値観・カルチャーに関する継続したコミュニケーション
・徹底した情報共有(経営者から社員だけでなく社員同士も)
・創造価値に応じて評価する仕組み
経営者はつい売上・利益や株価といった資本市場における自身の成績表ともいえる数値的なものの向上に気を取られやすく、気付くと自分が大事にしていたことから脱線してしまったりする傾向があると認識しています。だからこそ上記4つには徹底してこだわり、いつになっても妥協することなく経営していくことを自分に課してます。

4. アトラエではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体 33人(平成28年9月30日時点)

4-2 平均年齢

単体平均 27.5歳(平成28年9月30日時点)

4-3 平均勤続年数

単体平均 3.5年(平成28年9月30日時点)

4-4 平均年間給与

単体平均 506万5000円(平成28年9月30日時点)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

馬場 敏気
2016年入社 エンジニア

文系出身で全くの未経験ながらも、エンジニアとしてアトラエに入社しました。「できるかどうかよりも、やりたいかやりたくないかの方が重要」「できるかどうかなんて、結局やってみないとわからない」そんな考え方が好きで、入社以来この考えに基づき自分にできる最大限の努力を積み重ねてきました。
当然ながら、入社直後は全く使い物にならなかった私ですが、あらゆる機会という機会に率先して手を挙げ続けることで、かなりのプロジェクトに関わらせてもらい、その都度勉強したり先輩に教えてもらったりしながら挑戦し続けた結果、すでに多くのことを信頼して任せてもらえるだけの技術力を身につけることができました。

井端 康
2012年入社 マーケティング

スポーツ強豪校では、新しい後輩が入ってくる度に「これでチームが大きく変わるかもしれない」という大きな興奮と、「自分を上回る逸材かもしれない」というちょっとした不安が混じり合うような適度な緊張感を持ち続けていると思います。アトラエも同じです。
「自分たちよりも優秀な人を採用する」という唯一の採用基準のもとで質に拘り抜き、厳しい選考を経て入社を決めてくれたメンバーは、事を成すことを決意して集まった人ばかりです。仕事に真剣にならないわけがありません。アトラエでは、そういうプロセスを経て集まったメンバーが「同じ目標を達成すること」を最優先に、自分なりの貢献の方法を探り、試し、忌憚なきフィードバックを受けることで関わり合います。
厳しく感じる局面もあるかもしれませんが、同じ目標を、同じ熱量で、仲間と共に追いかけることで初めて見える世界があります。それを仕事に求める人にとっては、アトラエはこの上ない環境だと思います。

 

5. アトラエの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

求める人物像(Rubyエンジニア)
・受身にならず、主体的に自らの仕事を作り、取り組んでいける方
・若いベンチャー企業で働くということに対し、楽しみながらモチベーションを高くもって取り組める方
・面白いことをやりたいと願い、かつそれを自分で見つける/作り出すことを志向する方
・自分はここだけは他人に負けない、という強みをお持ちの方

5-2 育成に関する方針・施策

社内勉強会

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

MVP賞・ベストグループ賞・社長賞・新人賞等、半期の成果を称え、社員を表彰します。表彰された社員には、表彰状やトロフィーが贈呈されます。

給与
4,000,000~6,000,000円(応相談)
※経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇致します。
※昇給:年2回

6. アトラエ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

木村 直人
株式会社ITプロパートナーズ 代表取締役
早稲田大学卒業後、大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わり、仕組みを作る。その後エッセンスに参画し、取締役COOに就任。新規事業としてIT分野のプロフェッショナル人材を活用する「ITプロ事業」を立ち上げる。2015年4月より「ITプロ事業」を業務移管させる形で、株式会社ITプロパートナーズを創業。
代表取締役に就任。

7. アトラエの福利厚生は?

保険
・各種社会保険完備
諸手当
・交通費支給(上限規定あり)
・住宅手当支給(当社ビルからの距離指定あり)
・パパママ応援手当支給

8. アトラエの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ、求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300