グレイステクノロジー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

グレイステクノロジー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本初の産業機械マニュアル制作専門会社、(株)日本マニュアルセンターが前身。国内外のIT関連企業や国内大手メーカーのマニュアル制作や翻訳を手掛けている。マニュアルに関連した事業が特徴であり、ポータルサイトの運営、動画マニュアルの作成やマニュアル・コンサルティングなど幅広く展開している。


1. グレイステクノロジーってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

「BtoBに特化したマニュアル制作を手がける会社」である

1-2 創業者と沿革

創業者・代表取締役 
松村幸治
1977年4月 株式会社リングイスツ入社、技術翻訳及び翻訳営業に従事
1984年11月 同社退職後、日本マニュアルセンター創業(1986年に株式会社とし設立)
1997年6月 一般社団法人日本翻訳連盟理事就任
2000年8月 更なる事業拡大のため、グレイステクノロジー株式会社を設立。
2004年 49歳で英国国立ウェールズ大学経営大学院に入学。経営学修士(MBA)を取得。
出典:
https://job.rikunabi.com/2018/contents/interview/detail/r752261056

グレイステクノロジー株式会社」の設立は2000年(平成12年)です。その前身となる「株式会社日本マニュアルセンター」の創業は 1984年(昭和59年)でした。創業以来、国内初の“マニュアル創作専門会社”として、マニュアルを企業にとっての経営戦略のひとつで あると位置づけ、一貫してマニュアル品質向上を提言してまいりました。グレイステクノロジーは、マニュアルに関する問題を追及し 続け、お客様にとって、またエンドユーザーにとって最適なマニュアルであるべく、“確かな品質”をご提供いたします。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都港区虎ノ門 3-8-21
虎ノ門33森ビル 7階

出典:
https://www.g-race.com/company/profile.html

1-4 ビジョン・ミッション

MISSION
すべてのユーザーに対して「高品質で」「理解しやすく」「使いやすい」「正確な」
マニュアルを中心としたドキュメンテーションを提供する。

経営目標
我々は「世界一の”わかる”を創り出す企業」を目指す

我が社のこだわりとは
・マニュアル制作、マニュアルのあり方、マニュアルの考え方において、「他社とはすべてが違う」ということを認識してもらう。
・すべての人に対して、「プロ」として認識してもらう。
そのために、
1 「高品質の物」を納める
2 「感心させる物」を納める
3 「感動させる動き」を行う
4 「喜」ばせる
5 「心酔」させる

2. グレイステクノロジーって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し


▲売上高
2016年3月期 7億2600万円
2015年3月期 6億2000万円
2014年3月期 5億7900万円

▲営業利益
2016年3月期 1億3600万円
2015年3月期 1億300万円


▲当期純利益
2016年3月期 1億1400万円
2015年3月期 1億900万円
2014年3月期 1億1100万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲販売実績
(第16期 平成28年3月期)
MMS事業 2億2780万4000円
MOS事業 4億9866万8000円

2-3 主力事業

■MOS(マニュアルオーダーメードサービス)事業
MOS事業では、専門性の高い各種マニュアルのテクニカルライティング(ユーザーの目線で正確かつ分かり易い文書を作成すること)及び技術翻訳を提供しております。
当社は、マニュアルがメーカーとユーザーをつなぐ重要なコミュニケーションツールであると捉え、ユーザーの利用目的に応じた注意事項や潜在的な疑問点等に的確に応えたマニュアル作りを提案しております。具体的には、メーカーのコールセンターやヘルプデスク等に寄せられたお問い合わせ内容の分析や製品の利用状況のリサーチ、製品の設計資料を読み込み、技術者へのヒアリング、操作確認やモニタリング等をなど、ゼロベースからテクニカルライティングを行っております。

■MMS(マニュアルマネージメントシステム)事業
MMS事業では、マニュアル基幹システム「e-manual」の導入及び運営を行なっており、その機能は、(ⅰ)マニュアルの企画・構成、編集、制作をWeb上で行う作成プラットフォーム、(ⅱ)デジタル化されたマニュアルのユーザーへの配信及び必要に応じて印刷・製本するオンデマンド印刷、(ⅲ)ユーザーの検索、利用及び問い合わせに対応するポータルサイトの主に3つで構成されております。
マニュアル基幹システム「e-manual」を導入する利点としては、(ⅰ)Microsoft Word、Adobe InDesignまたはAdobe FrameMaker等の特定のアプリケーションに依存することなくWeb上でテキストを入力するだけで自動的に汎用性が高いXML形式のデータにすることができ、かつDTPの専門知識がなくても簡単にレイアウト調整もできること、(ⅱ)製品毎のマニュアル作成にあたって既存マニュアルの活用・転用が容易になるため、作成効率が向上すること、(ⅲ)マニュアル制作の進捗や作成履歴の管理機能及び承認機能を搭載していることなどが挙げられます。当社ではマニュアル制作のあり方を含め、顧客毎に最適なマニュアル基幹システム「e-manual」の導入及び運営を提案しております。

3. グレイステクノロジーの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役
松村 幸治

昭和30年3月8日生
昭和54年4月 株式会社リングイスツ入社
昭和61年3月 株式会社日本マニュアルセンター設立 同社代表取締役就任
昭和61年3月 社団法人日本翻訳連盟常務理事就任 ネットワーク委員会及び翻訳品質委員会委員長就任
平成13年1月 当社 代表取締役就任(現任)
出典:
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02943/8148e8e0/f234/4484/b625/03882eb765fb/S10095BU.pdf

3-2 発言、ブログ、エピソード

我社は1984年創業の日本で最初のマニュアル専門会社を前身としています。
中でも一貫して、大手メーカーの技術マニュアルを作り続け、価値のある高品質なマニュアルを世の中に送り出すべく、多くの実績と共に啓蒙活動を行ってきました。
技術マニュアルの市場における状況は、ITの発達やFA化に伴って冊数やページ数は30年前と比較して約20倍以上に膨らんでいます。また、各種大手メーカーの製品は年々高度化することでその複雑さも増大し、それに伴いマニュアルも高度かつ複雑な記述になっています。しかし、それらの事情を考慮しても現状のマニュアルの品質は憂慮すべき状況です。30年前から殆ど改善されていないのが実態です。

「動画マニュアル」のような画期的な新サービスの開発に加え、事業領域の拡張や業界全体の成長に貢献する、多面的なビジネス・プランを現在策定中です。その推進力として、チャレンジ精神旺盛な若手の力がもっと必要になります。当社の提案は決裁権をもつ企業上層部に向けてのものになるため、社員一人ひとりが高度な提案力とコンサルティング力を持つことが必須です。新プロジェクトが次々とスタートしていくため、教育プランを一層充実させていかなければなりません。当社の未来を共に担っていく人材を一人でも多く育てるために、今後最大限の経営投資を行っていくつもりです。

4. グレイステクノロジーではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体 43名(平成28年10月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 34.3歳(平成28年10月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 3.9年(平成28年10月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 412万8000円(平成28年10月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

A.S
2015年入社 翻訳コーディネーター

説明会で社長が話していた通り、高品質にこだわる会社だと感じました。ミスがないように、しつこいくらいの確認をします。製品を使うユーザーの気持ちを想像して、誰が見ても分かりやすいマニュアルを制作します。社風はオープン。自分がこうしたいと思った時の発言権が誰にでもあり、自主的な行動は歓迎されますね。

S.R
2016年入社 コンサルティング営業

主に外資系会社や国内メーカーに電話でアポイントを取り、マニュアル制作の提案をします。翻訳は英語が堪能な人でも手間のかかる作業。それを私たちにお任せいただくことで、受けられるメリットなどを具体的に示していきます。グレイステクノロジーの強みは品質に対するプライド。納品データの説明をした時、お客様に「そんなところまでしてくれるんだ」と感動してもらったことが嬉しかったです。

 

5. グレイステクノロジーの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

Q.どんな人材を求めていますか?
・チャレンジを続けられる人材
・高い倫理観を持った人材
・素直な心・諦めない心を持てる人材
・文章に興味を持てる人材

5-2 育成に関する方針・施策

入社時は一般教育として社会人マナーからスタートし、各種社内規定・規約、品質マニュアルの把握、それらに付随するルールと帳票・伝票の記入方法などを学んでもらいます。
実務に就いてからは日々の業務と同時進行で、各種受け入れ検査員や内部監査員、各種商品教育セミナーなどの研修が次から次へと盛りだくさんです。

たとえば、
1.初日研修
入社式を終えてすぐに研修スタート、当社の将来像を共有していただく大切な研修です。
2.1週間研修
1週間の中で一般教養、社会人マナー、各業務基本ルールなどを研修いたします。
3.初期研修
最初の3ヶ月までの中で、「当社のものの考え方」、「各業務での基礎知識」を学びます。
4.3ヶ月研修
各部門配属後の本格研修で、3ヶ月間での成果発表と同時に、「当社の仕事の応用方法」「自己管理の方法」「計画の立て方と遂行の方法」を学びます。
5.品質管理研修
各ドキュメント毎に最先端ツールの内容からその留意点などを学びます。
6.担当者研修
顧客担当、制作発注担当、各業務担当としての実務と留意点を学びます。
7.各職位別研修
各職位および職務内容に合わせて、「マネージメントの方法」「経営管理の方法」を学びます。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与
大卒:月給21万円(2016年4月初任給実績)
大学院卒:月給22万円(2016年4月初任給実績)

6. グレイステクノロジー出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

OBに関する情報がありませんでした。

7. グレイステクノロジーの福利厚生は?

■保険
雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

■福利厚生
育児休職制度、介護休職制度、慶弔見舞金制度など

8. グレイステクノロジーの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ、求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


イオン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イオン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

5期連続で営業収益が日本の小売業で第1位を達成している、だれもが知ってる超有名企業。総合スーパー「AEON」やモール型ショッピングセンター「イオンモール」などを全国に展開し、自社ブランド「TOPVALUE」の商品を食品・衣料・日用雑貨などのさまざまなジャンルのラインナップを揃えている。


株式会社大和証券グループ本社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大和証券グループ本社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大和証券グループ本社は、日本で第2位の証券会社グループの持ち株会社。1902年に開業した「藤本ビルブローカー」をルーツに持ち100年以上の歴史を誇る。証券・不動産・企業へのコンサルタントなどのサービスを世界中で展開している。大和証券や大和総研などを傘下に持つ。


オリックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オリックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オリックス株式会社は、1964年に日本でまだあまりなじみのなかったリース業をはじめた企業。その後も、自動車関連サービス・不動産関連サービス・環境エネルギーサービスなどへも次々と事業を拡大し、成功を収めている。プロ野球球団のオリックス・バファローズのオーナー会社であることでも有名。


株式会社りそなホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社りそなホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

りそなグループの銀行などを傘下に持つ、日本の4大メガバンクの一つ。関東や関西を中心に日本全国に1,400以上の支店を持っている。また、海外でも中国・タイ・シンガポール・インドネシアなどに拠点を持っており、地域密着でありながらグローバルなネットワークを展開している。


三井住友トラスト・ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友トラスト・ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友トラスト・ホールディングス株式会社は、三井住友信託銀行を中心とした銀行グループ。三井住友信託銀行は、国内に150を超える店舗を持ち、海外にも支店を構えている。投資信託・生命保険・NISAなどの資産運用のサービスと住宅ローン・カードローンなどのローン商品を展開している。


キャリコネ
wiget_w300 wiget_w300