株式会社イードに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イードに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2000年創業。ニュースサイトを中心としたウェブメディアの運営や、EC事業者向けのメディアコマース事業、ネットリサーチなどのリサーチ事業を主に行っている。「すべての人に最高のユーザーエクスペリエンスを届ける」ことを目標として、事業展開を行っている。


1. イードってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ウェブマーケティングのプロフェッショナルに進化した、ウェブメディア企業

1-2 創業者と沿革

1990年 10月 日産自動車100%出資の戦略的子会社としてスタート
マーケティングリサーチをベースとしたデザインマネジメント・コンサルティング会社として設立

沿革 | 株式会社イード

http://www.iid.co.jp/company/history.html

株式会社イードの「沿革」をご紹介します。株式会社イードの基本情報を掲載しております。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都新宿区西新宿2-6-1
新宿住友ビル28階

出典:
http://www.iid.co.jp/company/

1-4 ビジョン・ミッション

■イードの企業理念

We are the User Experience Company.
・すべての人に最高のユーザーエクスペリエンスを!

出版広告の誕生から500年、テレビ広告の誕生から60年、そしてインターネット広告の誕生から早15年以上が経過した今、書物から放送、インターネット、モバイルと、私たちを取り巻くメディア環境は急速に変動しています。この時代に、会社のスパンを50年、100年と考えたとき、将来のビジネス環境や会社の形態がどうなっているかは誰にも予想できません。我々は100年たっても変わらないビジョン「User Experience Company」を企業理念とし、時代を超えて常にすべての人に最高の「ユーザー体験」を提供することを目指しております。

2. イードって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年6月期 45億3300万円
2015年6月期 37億600万円
2014年6月期 32億600万円

▲営業利益
2016年6月期 3億500万円
2015年6月期 5億円
2014年6月期 4億4600万円

▲当期純利益
2016年6月期 1億4300万円
2015年6月期 3億2100万円
2014年6月期 2億6100万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2016年6月期)
CMP(コンテンツマーケティングプラットフォーム)事業 37億1200万円
CMS(コンテンツマーケティングソリューション)事業 8億8300万円

2-3 主力事業

■ニュース&生活情報ポータルサイト「News Cafe」
CMP(コンテンツマーケティングプラットフォーム)事業 メディア事業

社会、政治、経済、海外、芸能、スポーツ等の最新ニュースは勿論のこと、エンタメ情報や有名人インタビュー、各種ランキング、占いなど、幅広い情報が無料で楽しめるニュース&生活情報ポータルサイトです。

■ブロードバンド・モバイルニュース「RBB TODAY」
CMP(コンテンツマーケティングプラットフォーム)事業 メディア事業

RBB TODAYはブロードバンド、通信ネットワークを主に、ITニュース全般をカバーする情報サイトです。ITニュースだけでなく、通信速度測定、無線LANスポット検索などのツールも提供し、ユーザーに支持されています。

■EC サイト構築ASP サービス「marbleASP」
メディアコマース事業

EC事業者向けに、ショップ運営ASPシステムを提供しています。高機能ECシステム「marbleASP(マーブル)」は“日々進化するECサービス”として、使いやすさや安定性を強みに、国内のさまざまなECサイトに導入されています。

3. イードの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役 宮川 洋
昭和40年11月29日生

昭和63年4月 株式会社アスキー入社
平成11年12月 株式会社インターネット総合研究所入社
平成12年4月 当社 取締役就任
平成14年10月 当社 代表取締役就任(現任)
平成17年9月 株式会社インターネット総合研究所 取締役就任
平成22年6月 Interface in Design, Inc. CEO 就任(現任)
平成24年11月 株式会社エンファクトリー 取締役就任(現任)
平成24年11月 株式会社ファッションヘッドライン 取締役就任(現任)
平成26年6月 株式会社泰文堂 取締役就任(現任)
平成27年6月 株式会社絵本ナビ 取締役就任(現任)
平成28年1月 株式会社ドリームリンク 代表取締役就任(現任)
平成28年6月 株式会社Kiraramedia 取締役就任(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

会社のスパンを50年、100年と考えたとき、将来のビジネス環境や会社の形態がどうなっているかは誰にも予想できません。我々は100年たっても変わらないビジョン「We are the User Experience Company.」を企業理念とし、時代を超えて常にすべての人に最高の「ユーザー体験」を提供することを目標に邁進してまいります。

「5年以内に100サイト」を目指しており、このうち半分程度はM&Aで取得しようと考えています。当社の統計だと、日本にある4万から5万のサイトのうち、営業黒字は400サイトぐらい。中でも年間で営業利益を1億円以上出しているのはごくわずかです。

 残る3万9600くらいのメディアは赤字。「ほかの事業で食べられているから」といった状況であり、単体では厳しい。大手新聞社のデジタルメディア事業も人数を考慮すれば赤字でしょう。つまり、多くが赤字ということは、そこに再編余地があるのです。収益面で厳しいサイトが当社のフォーマットに乗ってもらえれば黒字になる。いろいろな業種に対してリーチできるのではないかと思っています。

4. イードではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 185人
単体 131人(平成28年6月30日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 35.9歳(平成28年6月30日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 6.3年(平成28年6月30日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 508万8000円(平成28年6月30日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

片山 幸弥 2015年入社
システム事業部 エンジニア

イードを選んだ理由は何ですか。
「イードが関わっている業界の領域の広さに惹かれたことです。多岐にわたる専門ジャンルのメディア運営をおこなっており、メディア以外でもECやリサーチといろんなことをやっていて、一つの業界に偏らず携わることができるのでエンジニアとして、より成長できる環境があると思いました。そんな多様な事業部や職種が混在しているにもかかわらず、社員同士仲が良く、楽しそうに働いている点も魅力です。 また、運営しているメディアの多さに比べて、少数精鋭なエンジニアチームに憧れたことも理由の一つです。」

三田 陽菜(仮名) 2015年入社
メディア営業部 シネマカフェ担当

イードに就職を決めた理由は何ですか。
「広告や出版、編集の仕事に就きたかったので、就職活動も広告・出版などの業界を中心に進めていました。ある時偶然イードを見つけて説明会に参加したところ、イードがさまざまなジャンルのメディアを扱っていることを知りました。イードなら、もともと好きだった映画やアニメに対してメディアという立場で関わることができると知り、挑戦したいと思ってイードに決めました。」

田中真礼(仮名) 2015年入社
メディア営業部 RBBTODAY担当

なぜイードを選んだのですか?
「常に挑戦している社風が決め手でした。ちょうど私が入社する時はパズル雑誌をスタートするタイミングで、『これからは紙のコンテンツを電子化することで活かしていきたい』という社長の言葉にグッときて入社を決めました。」

 

5. イードの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

私達は、「共にビジネスをデザインする仲間探し」をしています。
新しい事、新しいビジネスを立ち上げる気概がある仲間大歓迎。

5-2 育成に関する方針・施策

・新人研修 4月〜約1ヶ月
(マナー研修、ビジネススタンス研修、プロジェクト型研修など、入社から約1ヶ月を研修期間としています。)

・研修、セミナー参加
(好きなセミナーを選んで、参加することが可能)

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・月給235,000円(試用期間6ヶ月)
・月給250,000円(試用期間終了後10月より)
※所定外月額は、50時間分の時間外勤務手当相当額として予め支給。
ただし、実際の所定外時間に応じて計算した時間外・休日・深夜勤務手当の合計額が、所定外月額を超える場合は、別途差額を支給。

年俸制 改定1回/年(9月)

6. イード出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

棚橋 弘季 イノベーションメーカー
芝浦工業大学卒業後、マーケティングリサーチの仕事を経て、1999年頃よりWeb制作の仕事に携わるように。2004年からは株式会社ミツエーリンクスにてWeb戦略立案や人間中心設計によるコンサルティング業務に従事。 2008年からは仕事の対象をWebからプロダクト/サービスへとシフトし、株式会社イードにてユーザーリサーチやインタラクションデザインに関するコンサルティングを経て、2009年株式会社コプロシステムにてクライアント企業のための新規商品/サービス開発支援業務や社内イノベーター育成のための教育プログラムの提供などを行う。 2013年にロフトワーク入社。サービスデザインの領域を中心に、クライアントのビジネス活動にイノベーションを実現するための支援業務を担当する。

井口 博美
武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科
専任教員

1956 年生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。公益財団法人日本デザイン振興会を経て、91年にデザイン&マーケティングのコンサル会社である株式会社イードに移籍し、企業の各種調査研究プロジェクトや商品・デザイン戦略の立案等に従事。「戦略的デザインマネジメント」が主たる研究テーマ。

7. イードの福利厚生は?

・健康保険(ITS健康保険組合)、厚生年金、雇用保険、労災保険
・定期健康診断、定期懇親会、福利厚生助成制度
・借上社宅制度
・昼食補助制度
・MVP表彰制度
・ワンコインアイディア制度
・クラブ活動補助制度 ほか

8. イードの中途採用は?

採用情報 | 株式会社イード

http://www.iid.co.jp/recruit/

We are the User Experience Company.すべての人に最高のユーザーエクスペリエンスを!イードは、経営者・企画者・市場のインターフェースとして、すべての人に、最高のユーザーエクスペリエンスを!サービスをご提供します。

 
 

関連する投稿


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手。全国地方銀行協会システム(ACS)や全銀システム、アメダス、郵便貯金システム、社会保険システム、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS)、都銀キャッシュサービス(BANCS)など日本の基盤となるシステムを構築している。


中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船底塗料の製造が主となる中国化学工業合資会社が前身で、現在は船底塗料の他にもプレジャーボート用塗料、コンテナ用塗料、プラスチック用機能性塗料など多岐にわたる塗料を製造している。錆防止や海洋生物の付着防止の性能に拘って製造された塗料は信頼も高く国内シェアNo1を誇っている。大正6年から研究され受け継がれた技術力も有数。


太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽インキ製造株式会社を前身としたソルダーレジストを主として取り扱う製造会社。ソルダーレジストについては海外へのシェア率が高く、海外売上比率が80%を超えている。多くの電子基板への使用率が高いのが当社の強みとなっている。他にも異方導電性接着剤、感光性カバーレイフィルムの製造等、幅広く事業展開している。


東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

持ち株会社としてグループ企業の統括および戦略立案を行う、ホールディング会社。グループの主な事業は、「東洋インキ株式会社」が中心となって展開する、印刷・情報関連の事業、パッケージ製品の開発・生産をはじめ、「トーヨーカラー株式会社」が中心となって展開する印刷インキや塗料の製造などがある。


株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1927年で、80年以上の歴史がある男性化粧品の草分けメーカー。男性用整髪料をメインの商品として展開し、シェアは国内トップクラスを保持している。中でも「GATSBY」シリーズはブランド名として馴染みが深い。男性化粧品だけでなく、女性化粧品ブランドの「ルシードエル」「バリアリペア」なども展開している。


wiget_w300 wiget_w300