地盤ネットホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

地盤ネットホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

地盤ネットホールディングスは、地盤改良工事をせずに地盤解析を行う専門会社を擁する持株会社。不透明で分かりにくい住宅地盤の調査・改良工事を、公正中立な立場で解析している。業界においてトップクラスのシェアを保持。購入・建築予定地の住所を入力するだけで地盤の状態が分かる「地盤カルテ®」サービスも無料で提供している。


1. 地盤ネットホールディングスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

住宅地盤補償業界においてトップクラスのシェアを誇る企業グループです。

1-2 創業者と沿革

創業者 山本 強

関西学院大学法学部を卒業後、証券会社を経て住宅メーカーに転職。その後、地盤調査会社に約10年間勤務し、2008年に地盤ネット株式会社を設立。2012年、東証マザーズ上場。地盤業界が抱える情報格差と生活者の不利益の解消を目指し、地盤調査データを公正中立に再解析する「地盤セカンドオピニオン®」を実施。

沿革/5ページ

1-3 本社所在地とネットワーク

所在地
東京都千代田区丸の内1丁目8番1号
丸の内トラストタワーN館11階

出典:
http://jiban-holdings.jp/outline/

事業グループ紹介|地盤ネットホールディングス株式会社

http://jiban-holdings.jp/group/

地盤ネットホールディングス株式会社のホームページです。地盤ネットグループは「住生活エージェント」として、地盤調査、改良工事に関する専門的な知見をもとに公正中立な立場でサービスを提供します。

グループ会社の情報

1-4 ビジョン・ミッション

経営理念

“生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造をめざします。

社会のさまざまな分野で“生活者の不利益”が生じています。
なぜなら、専門的な知識を持たない生活者が、専門的な知識・経験を持つ供給者から一方的に情報を提供されている場合が多々あるからです。
私たちはこの情報格差を埋める役割を担う住生活エージェントとして、高度な知見をもとに公正な立場で商品やサービスを開発・提供します。
そして正義を土台に、生活者がより良い選択をできるデファクトスタンダードを構築することで住みよい豊かな社会づくりに貢献します。

幸せは JIBANの上に築かれる。
代表取締役 山本 強

2. 地盤ネットホールディングスって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し


▲売上高
2016年3月期 23億8400万円
2015年3月期 25億4200万円
2014年3月期 22億6200万円


▲経常利益
2016年3月期 2億1500万円
2015年3月期 4億4600万円
2014年3月期 6億8000万円


▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年3月期 1億3100万円
2015年3月期 2億7900万円
2014年3月期 4億2600万円

2-2 事業セグメントと業績内訳


▲サービス別販売実績(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
地盤解析サービス:11億5501万9000円
地盤調査サービス:7億2929万3000円
部分転圧工事サービス等:5億37万9000円

2-3 主力事業

■地盤解析サービス
当社グループは、工務店等からの依頼に基づき、住宅の地盤調査データを解析し、適正な住宅基礎仕様を判定の上、判定根拠を記載した地盤解析報告書及び判定結果を証明する地盤品質証明書を提供しております。
「地盤セカンドオピニオン」では、工務店等が他社で地盤調査を行った結果、地盤改良工事が必要と判定された物件に対し地盤解析のサービスを提供します。この場合、適正な住宅基礎仕様の判定結果の提供までは「無償」のサービスでありますが、以降の地盤解析報告書及び地盤品質証明書の提供は「有償」のサービスであり、当社グループの収益源となっております。

■地盤調査サービス
「地盤安心住宅システム」の場合、当社グループでは、工務店等からの依頼に基づき、「地盤改良工事の受注を目的としない地盤調査」を信頼して任せることのできる外注先による住宅の地盤調査を行い、工務店等へ地盤調査報告書を提出します。当社グループで実施した地盤調査については、「有償」のサービスとなります。

■部分転圧工事サービス等
当社グループは、局所的な軟弱箇所が確認された地盤について、地盤の軟弱箇所のみを締め固める部分転圧工事を提案する場合があります。この部分転圧工事は、地盤改良工事に比べ安価で実施できるため、施主や工務店等は費用負担の高い地盤改良工事を省くことができます。
当社グループでは、工務店等からの依頼に基づき、外注先による部分転圧工事を施工し、部分転圧工事後に地盤の再調査を実施した上で、工務店等へ施工完了と再調査結果の報告を行う部分転圧工事サービスを提供しております。当社グループで実施した部分転圧工事については、「有償」のサービスとなります。

3. 地盤ネットホールディングスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
山本 強
昭和41年6月26日生

平成2年4月 三洋証券株式会社入社
平成6年10月 株式会社アイフルホームテクノロジー(現株式会社LIXIL住宅研究所)入社
平成9年7月 アメリカンホームシールドジャパン株式会社
       (現ジャパンホームシールド株式会社)入社
平成19年1月 同社営業統括本部長
平成19年7月 ハウス・エポ株式会社(現株式会社エポシステム)設立 代表取締役社長
平成20年6月 当社設立 代表取締役社長就任(現任)
平成22年10月 Jibannet Pte.Ltd.(現Houseepo Pte.Ltd.)設立 Director(現任)
平成22年12月 一般社団法人地盤安心工務店(現一般社団法人地盤安心住宅整備支援機構)設立
        代表理事就任
平成26年10月 地盤ネット株式会社 代表取締役社長就任(現任)
平成24年1月 同法人代表理事退任
平成27年1月 一般社団法人40'sエンジェル 代表理事就任

3-2 発言、ブログ、エピソード

両親がそれぞれ経営者だったので、小さい頃から起業への憧れは持っていました。しかし、大学を卒業してもなかなか思い切ることができず、40歳になるまで典型的なサラリーマン生活を送っていました。きっかけになったのは子どもの誕生。父親として、胸を張って「やりたいことをやっている」と言える人間でありたいと思ったのです。立ち上げから3年ほどは、なんとか軌道に乗せようと必死でした。子どもが成長して分別がつくようになった時に、恰好悪い父親の姿は見せられないですからね。

山本は「公平な第三者が調査結果をチェックする仕組みをつくり、過剰な工事を生む構造を変革できないか」という思いを強めていった。そして2008年、かつての起業家魂を奮い起こして地盤改良工事を受注しない地盤解析専門の会社、地盤ネットを設立した。調査と工事の間に入り、セカンドオピニオンとして地盤調査データを再解析して地盤改良工事の要・不要を助言するという、業界初のビジネスだった。

4. 地盤ネットホールディングスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結75名
単体9名(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均37.8歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均1.9年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均667万円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報がありません。

 

※事業会社である地盤ネット株式会社の口コミです。

5. 地盤ネットホールディングスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

「地盤カルテ」や「地盤安心住宅+(プラス)」など様々なサービスを提供し、住宅地盤の調査・解析・補償を行っています。
住まう人が不利益を被らないような社会をつくることが私たちの使命です。

私たち社員は、その使命感を持って仕事に取り組んでいます。
ぜひ、一緒に「生活者の不利益解消」を担ってください。

年齢・性別・部署の垣根がなく、風通しが良いのが当社の特徴。
社員同士のコミュニケーションも良好で若手・女性も多く活躍中です。
年間休日は120日以上で働きやすい環境です。

・新しいアイデア・発想を活かしたい方
・スピード感をもって物事を進められる方
・社会的意義のあるサービスに取り組みたい方

★年齢やこれまでの経験に関係なく、
 新しいことに好奇心をもって主体的に取り組んでいける方を求めています。

(地盤ネット株式会社)

●成長ステージの会社で裁量をもって思いっきり成長したい人
●事業会社での採用経験や人事経験
●人材業界での営業経験、コーディネーター経験
●当社の事業理念、下記10か条に共感できる方

全社員の行動指標
地盤ネット10箇条
1.お客様の視点で考え、お客様の安心と満足のために行動します。
2.商品・サービスを常に進化させ、お客様の感動につなげます。
3.セカンドオピニオンビジネスのパイオニアとして、唯一無二を生み出します。
4.失敗を恐れず、より良いものをめざして果敢にチャレンジします。
5.目標に向かって全社一丸となり、スピード感を持って行動します。
6.グローバルな視点を持ち、住生活ブランドNO.1をめざします。
7.自分の仕事に対して、逃げず、あきらめず、最後まで全力を尽くします。
8.お互いの成長とチームワークを大切にし、活気に満ちた職場をつくります。
9.お客様、お取引先様、株主様に信頼されるよう誠実かつ公正に仕事をします。
10.高い倫理観を保ち、責任ある社会の一員として行動します。

(地盤ネット株式会社)

5-2 育成に関する方針・施策

まずは座学や現場研修にて、会社や商品・サービス、仕事の流れを学んでいきます。
配属後は、OJTでお客様の特徴や提案方法などしっかり教育していきます。
(地盤ネット株式会社)

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

●月収 25万円〜
 ※残業代別途支給
 ※上記は最低支給額です。前職の経験・能力を考慮して決定
 【年収例】
 960万円/月給80万円/入社6年目34歳/グレードE-2
 750万円/月給50万円/入社3年目35歳/グレードM-3
 600万円/月給40万円/入社3年目34歳/グレードM-1 
 ※いずれも社歴や年齢に関係なく、評価点数で決定 
 ※頑張れば待遇だけでなく、新ビジネス企画などにも挑戦でき、キャリアUPできます

●昇給年1回
●賞与年2回(夏・冬)※業績による
●決算賞与(6月)※業績による
●交通費全額支給
●残業手当(100%支給)

(地盤ネット株式会社)

6. 地盤ネットホールディングス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません。

7. 地盤ネットホールディングスの福利厚生は?

育休・産休・介護休暇(取得実績あり)
●年間休日120日以上

社会保険完備
ストックオプション
従業員持ち株会
ベネフィット・ステーション
懇親会(本社でケータリングをしたり、ホテルなどを利用)
表彰式(四半期に一度)※トップ賞は、ハワイやベトナム旅行などあり
引越し支援(安全な地盤に住まえるよう会社負担あり)
社員紹介制度

(地盤ネット株式会社)

8. 地盤ネットホールディングスの中途採用は?

採用情報|地盤ネットホールディングス株式会社

http://jiban-holdings.jp/recruitment/recruit/

地盤ネットホールディングス株式会社のホームページです。地盤ネットグループは「住生活エージェント」として、地盤調査、改良工事に関する専門的な知見をもとに公正中立な立場でサービスを提供します。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


日本電信電話株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電信電話株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。国際電機通信連合のセクターメンバーである。TOPIXCore30の構成銘柄の一つ。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

横浜市に本社を置く大手自動車メーカー。1933年創業。1999年にフランス・ルノーと資本提携。国内市場シェア(登録車)は14.8%でトヨタに次ぐ2位。2016年10月から西川廣人氏が社長兼CEOに昇格、カルロス・ゴーン氏が会長に。同月、三菱自動車を子会社化。2016年度のグローバル生産台数は過去最高を記録した。


アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ICTサービスに関わる最先端の企業。各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供し、幅広い分野で暮らしやビジネスを支えている。


TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独創的な製品開発力と高品質なモノづくり力で、多種多様な製品を作っている世界屈指の電子部品メーカー。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地に研究開発・生産拠点を有する。確かな基盤技術をもとに15の事業分野で幅広いビジネスをワールドワイドに展開している。


株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業革新機構主導で、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の事業を統合し設立された中小型液晶ディスプレイ事業を主体とする会社。15年の中小型液晶の出荷額シェアではトップを誇り、有機ELを含めても2位の事業規模を備える。


アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社は日本を代表する電子部品・音響機器を製造販売する企業。IT環境にとって必要不可欠な電子部品も製造しており、ノートPCに使われているグライドポイントやスティックポインタは、どちらもアルプス電気の登録商標である。また、自作ラジオを作っている人には、バリコンメーカーとしても名が知られている。


wiget_w300 wiget_w300