株式会社アマナに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アマナに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1979年設立。広告などで使用する写真のビジュアル受託制作、写真家が保有する写真の代理販売、TV-CMやウエブ等の企画制作事業を主に手がけている企業。(株)アマナイメージズなどをグループ会社に持つ。


1. アマナってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ビジュアルコンテンツの企画制作とストックフォトの企画販売を行う、広告ビジュアル制作業界最大手の企業である。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%8A_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

1-2 創業者と沿革

進藤 博信(しんどう ひろのぶ)

1979 年、広告写真制作会社アーバンパブリシティ(株)(現(株)アマナホールディングス)を設立。

出典:http://www.bridge-salon.jp/interview/vol13/pdf/IR_interview_vol13.pdf

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都品川区東品川2-2-43

1-4 ビジョン・ミッション

アマナグループの経営理念は、”人が中心”と考え、
日々、表現への”こだわり”を切磋琢磨し、
そこから生み出された”役に立つ想像力”で
社会のビジュアル・コミュニケーション活動に貢献します。

2. アマナって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年12月期 215億700万円
2015年12月期 196億4500万円
2014年12月期 209億6600万円

▲営業利益
2016年12月期 5億800万円
2015年12月期 △10億2900万円
2014年12月期 3400万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年12月期 8900万円
2015年12月期 △14億6600万円
2014年12月期 700万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

2-3 主力事業

企画販売
日本最大級のストックコンテンツ販売サイトを運営しており、写真・イラスト・動画・3Dモデリング・音素材、フォントなど、あらゆるニーズに応えるアイテムを豊富にご用意しています。いつでも手軽に購入・ダウンロードすることができ、広告やWeb、出版物など、さまざまなクリエイティブにご活用いただけます。

スチル撮影
広告写真を中心としたスチル撮影で、アマナは30年以上にわたる実績を誇ります。商品などの被写体を的確に写すだけでなく、被写体の持つ価値や使う人のライフスタイルといった、見えない世界をビジュアルに汲み取る表現を追求してきました。その長年培ってきたノウハウをベースに、さまざまな個性と感性を持つ約50名のフォトグラファーが、お客様の思い描くイメージを写真に具現化します。

グラフィックデザイン
新聞広告や雑誌広告、交通広告といったマス広告から、CDジャケット、カタログやフリーペーパー、会社案内などのエディトリアルのためのものまで、幅広い印刷媒体のグラフィック制作をサポートします。撮影、CG、ストックフォトなど、アマナならではのビジュアルの表現力を活かし、お客様のニーズに応えるデザインを提案いたします。

3. アマナの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール


代表取締役社長
グループCEO

進藤 博信
 

昭和26年11月3日生
昭和54年4月 アーバンパブリシティ㈱(実質上の当社)設立 代表取締役社長(現任)
平成3年4月 当社商号を㈱イマに変更
平成9年11月 ㈱カメラ東京サービス(形式上の存続会社)と合併、商号を㈱アマナに変更
平成19年1月 ㈱アマナイメージズ代表取締役社長
平成20年7月 前㈱アマナ(注)代表取締役社長
平成23年4月 ウイズフォト㈱取締役
平成24年6月 当社代表取締役社長 管理部門担当
平成25年8月 RayBreeze㈱代表取締役社長
平成26年1月 当社及び前㈱アマナ代表取締役社長 ビジュアル・コミュニケーション事業責任者兼コーポレートマーケット担当
平成26年4月 当社代表取締役社長 ビジュアル・コミュニケーション事業責任者兼コーポレートマーケット担当(現任)
平成27年2月 ㈱ケイズデザインラボ取締役(現任)
平成27年3月 ㈱ポリゴン・ピクチュアズ取締役
平成27年7月 (社)商用写真検定協会代表理事(現任)
平成27年10月 ㈱イエローコーナージャパン代表取締役社長(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

原点って何かと言うとですね、写真というのはアナログの時代は個人的な仕事で、自分一人とアシスタントが一人いれば成立するビジネスなんですね。ところが私は元々学生時代にサッカーをやっていたせいかチームプレーが好きなんです。もし、学生の頃テニスをやっていたら、今の姿は無かったかもしれないですね。そういうこともあって、起業に向かって行きました。
それから、フリーランスを始めて 1 年目は、ただ勢いで突っ走っていました。その後順調にクライアントもでき、生活に困ることも無かったでしたし、非常に楽しかったのですが、2 年目になると、この状態が長くは続かないだろうと考えるようになったんです。勇気が無かったんですね。だから勇気があれば、あのままフリーランスだったのかもしれませんね。そして、これもきっかけとなり、会社設立に至りました。

アマナという会社を、ぼくは「ヴィジュアル・コミュニケーションの達人たちの集まり」だと捉えています。現在は、スマホから大きなデジタルディスプレイまでを対象に、コンテンツを提供する「達人集団」であることがアマナの存在価値となっているわけですが、今後は単品のコンテンツだけではなく、仕組み全体、つまりはコンテクスト化によるソリューションを提供していく達人集団になりたいと考えています。

4. アマナではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 974人 
単体 612人(平成27年12月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 36.0歳(平成27年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 6.4年(平成27年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 558万6000円(平成27年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

阿部 まりこ
デザイン会社をメインクライアントに、グラフィックから動画、WEB、イベントとビジュアルに関わる全ての制作をこなすプロデューサー。

私はクライアントにアマナという会社名ではなく、阿部まりこという1人として、パートナーだと思ってもらいたいです。
困っている時に「とにかく阿部さんに電話すればなんとかなるから!」と言ってもらえるような安心感や対応力、クライアントが探しているトーンがあれば、この人はどうですかと、スッと提案できるような豊富な知識、プロデューサーとして、すぐに名前が思い浮かぶ存在になりたいです。
そのためにも、これからも多くの仕事に関わって、いろいろな経験をしていきたいと思っています。

由良 浩樹
ウェブサイトや、スマートフォンのアプリ開発、様々なデジタル領域の案件を担当しているウェブプロデューサー。

就職活動のときは、あまり業界は絞っていませんでした。その中で、アマナを受けたときに、 写真というものにあまり詳しくなかったけど、チームで何かを作っていくのって面白そうだなって。それで入社しました。
入社してからの4年間は、ビジュアルプロデューサーとして働いていたのですが、当時ちょうど世の中でも、ウェブなどのデジタル領域に広告が本格的に進出してきた時代で。僕自身、担当する案件のなかでそういうデジタル案件が徐々に増えてきていて、その流れもあってか、4年目の最後にビジュアルプロデューサーから、ウェブプロデューサーという肩書きに変わりました。

川嶋 真理子
ストックコンテンツのプロデューサー。

私の強みは、今までの商品開発で得た知識や経験があることです。
だからこそ自信を持ってお客様と向き合い、ストックコンテンツを使用した企画提案が行えます。さらには、お客様の生の声を参考に、商品開発部門へニーズの高いコンテンツや、サイトで特集すべき情報などをフィードバックし、より良い開発に繋がるサポートもできます。まだ分からないことも多いですが、お客様の意図を汲み取り、予想を超える球を投げられる。色々なことへ覚悟を持って挑戦していける。そんなプロデューサーになることが今の目標です。
これから入社される方には、まずは専門知識を身につけ、自分にしかない強みを武器に、提案していける人材になっていただきたいです。
 

 

5. アマナの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

求める人物像
◎世の中の変化に対応し、常に進化できる人。
◎ クリエイティブ(創造的)かつイマジネイティブ(想像的)に発信できる人。
◎ 強く高い志を持って、ものごとに熱く打ち込める人。

求める人物像(キャリア採用・異次元プロデューサー職)
・サブカルチャー、オタクカルチャーが好きであること
・自分は●●オタクだというひと
・コミュニケーション能力のある人
・クリエイティブに対して強い欲がある人

5-2 育成に関する方針・施策

内定者フォロー研修、新卒研修、マネジメント研修、メンター制度といった教育制度から、社内の新商材の紹介やデモンストレーション、体験して学ぶ勉強会等、様々に実施しています

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与 職務経験を考慮の上、当社規程により優遇

給与改定年1回、賞与年4回、(6月・9月・12月・3月)

6. アマナ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

上野山裕二 
株式会社クライマーズ photographer / founder

2001 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業
2001 株式会社アマナ入社
2004 株式会社アマナ退社
2004 フリーランスとして活動開始
2008 株式会社 上野山写真事務所設立
2012 株式会社 クライマーズに商号変更

宮原 康弘
株式会社アキューブ代表取締役

東京写真専門学校卒業
スタジオ77を経て
1984 アーバンパブリシティ株式会社に入社
2005 株式会社アキューブ設立と同時に代表取締役に就任

7. アマナの福利厚生は?

各種社会保険、社員持株会、健康診断、法人契約リゾート施設

8. アマナの中途採用は?

 
 

関連する投稿


営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

広告代理店にとっての営業部門は、まさに顔といってもいいほど、会社を代表する部門。新卒入社組の7~8割が最初に配属されるといわれています。営業の仕事とは具体的にどのようなことをおこなっているのでしょうか。


「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

一口に広告業界といってもさまざまな会社が関わっています。広告代理店のみならず、制作会社、PR会社やコンサルティング会社など、それも広告に携わっている会社です。いったいどのような会社があるのか見ていきましょう。




最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300