株式会社農業総合研究所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社農業総合研究所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ITを駆使し農業をクリエイティブにデザインする会社」というコンセプトで2007年に創業した、主に野菜・果物の直売所の運営を手がける企業。生産現場から販売現場までを実践した社長の経験を活かし、生産者と販売者の間に立つだけでなく新しいアイディアで流通システムを構築。海外への流通の拡大にも貢献している。


1. 農業総合研究所ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

生産した農産物を“顔の見える”形で生活者に届ける流通を実現しております。

1-2 創業者と沿革

創業者・代表取締役社長 及川 智正(おいかわ ともまさ)

和歌山に戻って最初にしたことは生産と販売をつなぐ仕事を探すことでした。そこでハローワークに行ったところ、紹介された仕事が2つありました。1つは農協(笑)、もう一つが市場。これは自分のやりたいことではないとハローワーク側に伝えるとそのような仕事とはないと言われたため、自分でやるしかないと思い会社を立ち上げました。そして自己資金をかき集めてつくった現金50万円をもって、2007年、株式会社農業総合研究所を立ち上げました。
(中略)
こうして会社はできたものの、具体的にどんなビジネスをやるのか全く決めていなかったため、仕事は全くありませんでした。そして仕事がないとまた例のごとく子どもができてしまう(笑)。そこで家族会議を開き、1年間やって会社から給料が払えるようにならなければ会社はたたむという約束と、アルバイトをしてでも月10万円だけは家に入れるという約束をしました。これを妻に話したところ、あっさり承諾を得ることができたので、今この会社があるのは妻のお陰ですね(笑)。

平成19年10月 株式会社農業総合研究所設立
平成20年5月 和歌山県紀の川市に初の集荷場「紀の川集荷場」を開設

企業情報 – 株式会社農業総合研究所

http://www.nousouken.co.jp/company

株式会社農業総合研究所の企業情報のページです。

沿革

1-3 本社所在地とネットワーク

和歌山本社:
和歌山県和歌山市黒田17-4 シャンドフルーレ2F

企業情報 – 株式会社農業総合研究所

http://www.nousouken.co.jp/company

株式会社農業総合研究所の企業情報のページです。

1-4 ビジョン・ミッション

【Vision 経営目標】
持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする
〜農業が永続する仕組み創り〜
農業は人々の「心」と「胃袋」を満たしている産業です。私たちは、日本からそして世界から、農業がなくならない仕組み、未来永劫農業が持続する仕組みを構築することが使命です。

【Mission 経営方針】
ビジネスとして魅力ある農産業の確立
〜農ではなく農産業〜
百姓から農業経営者へ。農業をビジネスとして、適正利潤が確保でき、人間の成長がより得られる産業にしていかなければなりません。その為には、生活者を豊かにする農産物を提供することが必要です。農産業は、生産だけでなく、農産物が生活者の口に入るまでをコーディネートする産業です。

2. 農業総合研究所って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年8月期 11億9500万円
2015年8月期 8億8400万円
2014年8月期 8億5800万円

▲営業利益
2016年8月期 1億5600万円
2015年8月期 4400万円
2014年8月期 △2900万円

▲当期純利益
2016年8月期 1億700万円
2015年8月期 5200万円
2014年8月期 △2600万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲販売実績(平成28年8月期)
委託販売システム 9億5688万1000円
買取委託販売 1億5612万2000円
卸販売 8203万8000円

2-3 主力事業

「委託販売システム」

農業参入企業や農産物直売所へのコンサルティングや6次産業化サポート等、農業に関わる生産、流通、販売をあらゆる切り口からコーディネートし、農業関連の経営支援、調査、ブランディング、講演を行っております。

「買取委託販売」

全国の生産者及び農産物直売所と提携し、当社集荷施設で集荷した新鮮な農産物を都市部のスーパーマーケットを中心としたインショップ形式の直売所で委託販売するプラットフォームを提供しております。

「卸販売」

国内外問わず多様な農産物流通チャネルを構築し、海外輸出入、PB向け卸取引、EC販売、ギフト商材、加工流通等を通して、生産者直送農産物の流通拡大に貢献しております。

3. 農業総合研究所の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 
及川 智正 

1975年生まれ
1997年 東京農業大学農学部農業経済学科卒業
1997年 株式会社巴商会入社 宇都宮営業所転属
2003年 和歌山県にて新規就農・ハウス施設にてきゅうり、トマト、青ネギ、米を栽培
2006年 エフ・アグリシステムズ株式会社 関西支社長に就任
現フードディスカバリー㈱野菜のソムリエ協会)
野菜ソムリエの店エフ千里中央店開設 スタッフへ譲渡
2007年 株式会社農業総合研究所設立 代表取締役 就任

3-2 発言、ブログ、エピソード

Passion for Agriculture~農業に情熱を~私たちの合い言葉です。
明治維新と同じような大波が現代の農業界にも押し寄せております。
この激動の時代をチャンスと捉え、これからも農業へ情熱を燃やし、生活者に食の豊かさを提供するために邁進して行きます。

及川:我々のシステムは農家側から見た場合、自分で値段を決め、出荷先を決め、好きなものを作ることが出来る。この点が最大のメリットです。市場への出荷だと、自分で値段が決められませんし、出荷先も決められません。また自分で好きなものも作れません。産地を形成しなければならないため、農協が生産作物を指定し、それ以外のものは流通出来ません。また、形の悪いものB級品・C級品も出荷できません。我々の流通は全く逆です。売れ残りのリスクはありますが、今まで捨てられていたかたちの悪いものやB級品・C級品も美味しいものであれば、お金になるというところが我々の仕組みです。

4. 農業総合研究所ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体 52人(平成28年8月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 31.8歳(平成28年8月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 2.2年(平成28年8月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 317万5000円(平成28年8月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報はありません

 

5. 農業総合研究所の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

農業ビジネスは体力的にも精神的にも結構大変で、苦しいビジネスのではないかと思います。また、簡単に儲かるビジネスではありません。しかし農業は絶対に必要ですし、農業が衰退すると世界の人々が困窮します。故に我々がやらなければならないこの農業ビジネスは意義のあるものと考えています。このような考えに共感してくれる方の応募をお待ちしています。

5-2 育成に関する方針・施策

情報がありませんでした。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■給与 月給19万円~ ※経験・スキルに応じて決定、昇給2回(4月・10月)
■賞与 業績賞与(年2回) ※業績に応じて月数の変動有り

6. 農業総合研究所出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありませんでした。

7. 農業総合研究所の福利厚生は?

■休日・休暇
月9日(シフト制)、会社が定める日(年末年始他)、夏休み、
有給休暇、特別休暇、産前産後休暇、育児休暇など

■福利厚生:各種保険

8. 農業総合研究所の中途採用は?

採用情報 – 株式会社農業総合研究所

http://www.nousouken.co.jp/recruit

株式会社農業総合研究所の採用情報のページです。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ドン・キホーテホールディングス傘下の総合不動産会社。主にドン・キホーテの商業施設の不動産賃貸・不動産管理を事業としている。全国各地に保有する商業施設の賃貸からビル管理・運営、保守・メンテナンスまでワンストップサービスを提供。その他事業として、エネルギーの効率化によるコスト削減のコンサルティングサービスも手がける。


最新の投稿


【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

横浜市に本社を置く大手自動車メーカー。1933年創業。1999年にフランス・ルノーと資本提携。国内市場シェア(登録車)は14.8%でトヨタに次ぐ2位。2016年10月から西川廣人氏が社長兼CEOに昇格、カルロス・ゴーン氏が会長に。同月、三菱自動車を子会社化。2016年度のグローバル生産台数は過去最高を記録した。


アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ICTサービスに関わる最先端の企業。各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供し、幅広い分野で暮らしやビジネスを支えている。


TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独創的な製品開発力と高品質なモノづくり力で、多種多様な製品を作っている世界屈指の電子部品メーカー。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地に研究開発・生産拠点を有する。確かな基盤技術をもとに15の事業分野で幅広いビジネスをワールドワイドに展開している。


株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業革新機構主導で、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の事業を統合し設立された中小型液晶ディスプレイ事業を主体とする会社。15年の中小型液晶の出荷額シェアではトップを誇り、有機ELを含めても2位の事業規模を備える。


アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社は日本を代表する電子部品・音響機器を製造販売する企業。IT環境にとって必要不可欠な電子部品も製造しており、ノートPCに使われているグライドポイントやスティックポインタは、どちらもアルプス電気の登録商標である。また、自作ラジオを作っている人には、バリコンメーカーとしても名が知られている。


wiget_w300 wiget_w300