【社員の声】株式会社東芝の社員の口コミに見る社風 「官僚的な人間が残り、出世していく」「宮仕えは命がけ」

【社員の声】株式会社東芝の社員の口コミに見る社風 「官僚的な人間が残り、出世していく」「宮仕えは命がけ」

会社が「不適切会計」の問題を認め、歴代社長が辞任した東芝。日本を代表する超大企業の内実は、どのようなものなのだろうか。口コミサイトのキャリコネの書き込みから、社員の様子を探ってみる。(この記事は「キャリコネニュース」2015.7.23付け記事をリライトしたものです。)


社内向けの手続きに追われるが「客先ではタジタジ」

ある30代の男性が同社を辞めた理由は、大企業ならではの機動性の低い社風に不満を抱いたからだ。意思決定の遅さを「我慢できる方にはとても良い会社」としながらも、我慢ができない人が多く辞めているように感じるとしている。

「物事がなかなか決まらず、社内資料作成が横行しており、肝心な客先前になるとほとんどの人がタジタジ。議事録などを見ても2年前と同じ内容を話していたり、本筋とずれた議題に力をいれざるを得ないこともある」

生き馬の目を抜くスピードで仕事をするベンチャーなどと比べれば、ストレスが少ないようにも思えるが、典型的な大企業ゆえの大変さもあるようだ。商品企画に従事する30代後半の男性からも、同じような不満が聞かれる。

「社内調整が凄まじい。他愛のないことを通すにしても、10以上の複数部門の承認が必要。その承認部門のなかには、現場の事も事業の事も、何もわかっていない管理部門が多く含まれる。そのため書式や形式的なこと、些細な契約上の文言など、本質的ではない内容に執着する」

電気機器業界の企業の年収・評判・面接体験を確認 | キャリコネ

https://careerconnection.jp/review/industry/electronic/&utm_campaign=tenshock_jobInfo&utm_medium=link

電気機器業界全体における口コミ評価や平均年収、平均残業時間、業界内の会社評価ランキングなどをまとめて知ることができます。電気機器業界に含まれるのはおもに家電、重電、半導体、OA機器など。転職人気の高い有名メーカーの口コミ・年収も多数投稿されているので、ぜひ企業研究に役立ててください。

この男性は前の男性と同様、組織の硬直性に疑問を持たないタイプなら東芝で働くことは辛くないだろうとしつつ、「目的意識や論理性を重視するタイプであれば厳しい環境」と指摘し、「官僚的な人間が残り、出世していく社風」と評する。

ほかにも「とにかく関所(稟議ステップ)が多く一つの稟議を通すのに膨大な時間がかかる」(海外営業20代後半)など、似たような口コミが多数あった。

「メンヘル損なう社員が激増」という不穏な指摘も

株式会社日立製作所が経理・エンジニア急募! | キャリコネの転職・求人情報

https://careerconnection.jp/review/11092-jobInfo.html&utm_campaign=tenshock_jobInfo&utm_medium=link

株式会社日立製作所の転職・求人情報です。 | 企業の評判、年収、口コミ、転職情報をチェックするならキャリコネ

実際の業務については長時間労働を訴える声はあるが、激務に悲鳴をあげるという感じではない。緩慢としたダラダラ残業が常態化してしまっている、という印象だ。プラント施工管理に携わっていた30代の男性も、社内出世のためには横並びの行動が重視されることを匂わせた。

「みなさん普通に深夜残業していましたが、とくに辛いという雰囲気はありませんから困ります。帰りづらいですし。上に行こうと思ったら止む得ないですね。割り切って帰る人もいないこともないですが少数派です。宮仕えは命がけです」

世界的大企業ならではのグローバルな雰囲気があるかと思いきや、海外営業に従事する40代の男性は「内実は典型的な古い日本型企業」と指摘する。国籍の違う社員が多く在籍しているが「海外営業の部署で『ガイジン』という言葉が飛び交う等、実態はグローバルには程遠い」という。

気になるのは、健康を害する社員が少なくないという指摘だ。半導体の開発設計に携わる30代の男性は「ここ数年、メンタル・ヘルスを損なう社員が激増している」と明かしている。

休職者が多すぎるため「業務に支障をきたすようになってきた」と感じるほどだ。危機感を抱いた本社コーポレート部門も対策を打ち出しているが、「なかなか復職まで至るケースは少ない」という。トップが権力闘争の末に不正に手を染める会社では、現場に重苦しい雰囲気が垂れ込めていたのではないか。

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


東芝

関連する投稿



「誰も間違いを正さない風土」が東芝をメルトダウンさせる 毎日新聞・今沢真氏に聞く

「誰も間違いを正さない風土」が東芝をメルトダウンさせる 毎日新聞・今沢真氏に聞く

東芝が4月24日、「社会インフラ」「エネルギー」「電子デバイス」「情報システム」の主要4部門の分社化を正式決定したと報じられた。とはいえ、これで経営危機から復活するかはいまだ不透明だ。この問題の根深さを追及してきた毎日新聞記者・今沢真氏に、東芝が抱える問題の真相を聞いた。


東芝からの転職:大手メーカーの「技術者」なら専門性を活かせるのか?

東芝からの転職:大手メーカーの「技術者」なら専門性を活かせるのか?

大リストラが進む大手メーカー。日本を代表する大企業出身の技術者ともなれば、転職先に困らないようにも思える。しかしネットには"技術者安泰論"に疑問を差し挟む声がある。あたかも専門性を有するように見える部署や職種であっても、その中身はさほどレベルの高いものではないというのだ。


【社員の声】株式会社東芝の退職理由に見る「将来性」への危機感 「30年後まで今の収益力が続くとも思えない」

【社員の声】株式会社東芝の退職理由に見る「将来性」への危機感 「30年後まで今の収益力が続くとも思えない」

企業口コミサイトの「キャリコネ」には、いま話題の東芝を退職したと思われる人の書き込みが見られる。日本を代表する会社だけに、件数は17件とごく少ない。しかしこのうち12件が、大リストラが始まった2016年1月以降のものであるところが注目される。


株式会社東芝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東芝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手電機メーカー。大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角。三井グループの構成企業。連結での海外売上比率は59%、従業員20万人のうち海外の従業員が4割以上を占めているなど、グローバル化が進んでいる。不正会計問題を契機に経営危機に陥り、2017年4月の新卒採用を中止。東証2部への降格のおそれも出ている。


最新の投稿


イオン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イオン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

5期連続で営業収益が日本の小売業で第1位を達成している、だれもが知ってる超有名企業。総合スーパー「AEON」やモール型ショッピングセンター「イオンモール」などを全国に展開し、自社ブランド「TOPVALUE」の商品を食品・衣料・日用雑貨などのさまざまなジャンルのラインナップを揃えている。


株式会社大和証券グループ本社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大和証券グループ本社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大和証券グループ本社は、日本で第2位の証券会社グループの持ち株会社。1902年に開業した「藤本ビルブローカー」をルーツに持ち100年以上の歴史を誇る。証券・不動産・企業へのコンサルタントなどのサービスを世界中で展開している。大和証券や大和総研などを傘下に持つ。


オリックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オリックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オリックス株式会社は、1964年に日本でまだあまりなじみのなかったリース業をはじめた企業。その後も、自動車関連サービス・不動産関連サービス・環境エネルギーサービスなどへも次々と事業を拡大し、成功を収めている。プロ野球球団のオリックス・バファローズのオーナー会社であることでも有名。


株式会社りそなホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社りそなホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

りそなグループの銀行などを傘下に持つ、日本の4大メガバンクの一つ。関東や関西を中心に日本全国に1,400以上の支店を持っている。また、海外でも中国・タイ・シンガポール・インドネシアなどに拠点を持っており、地域密着でありながらグローバルなネットワークを展開している。


三井住友トラスト・ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友トラスト・ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友トラスト・ホールディングス株式会社は、三井住友信託銀行を中心とした銀行グループ。三井住友信託銀行は、国内に150を超える店舗を持ち、海外にも支店を構えている。投資信託・生命保険・NISAなどの資産運用のサービスと住宅ローン・カードローンなどのローン商品を展開している。


wiget_w300 wiget_w300