【社員の声】株式会社東芝の退職理由に見る「将来性」への危機感 「30年後まで今の収益力が続くとも思えない」

【社員の声】株式会社東芝の退職理由に見る「将来性」への危機感 「30年後まで今の収益力が続くとも思えない」

企業口コミサイトの「キャリコネ」には、いま話題の東芝を退職したと思われる人の書き込みが見られる。日本を代表する会社だけに、件数は17件とごく少ない。しかしこのうち12件が、大リストラが始まった2016年1月以降のものであるところが注目される。


経営企画の30代男性「社内文化は変われないし、経営者も判断力を失っている」

東芝の経営トップが関与した粉飾決算について、第三者委員会の報告書が指摘したのは2015年7月20日。過去7年間にわたる利益の水増しに加え、予算達成に向けて無理なプレッシャーを加える「チャレンジ」や、会議におけるパワハラなどが指摘された。

この問題を受けて、翌21日に田中久雄社長が辞任。12月には「新生東芝アクションプラン」と名付けた大リストラ策が発表され、室町正志社長は7800名の人員削減を行うとした。翌年3月の事業計画説明会では、追加の人員削減と報酬・給与の大幅な減額、17年4月入社の事務系・技術系の新卒採用中止などが発表された。

この前後からリストラ以外で、会社を見限った自主的な退職者も増えていたようだ。キャリコネには経営企画部門で勤務していた30代後半の男性社員から、こんな書き込みがある。

「会計問題以降、(東芝の事業に)根本的な収益力がないことが露呈しており、更にその改善が『原子力』と『メモリ(半導体)』というボラティリティの大きい(不安定な)事業に頼らざるをえないという問題がある。メモリは継続して莫大な設備投資が必要で、原子力は国内のBWR(沸騰水型原子炉)の再稼働は延伸中で経営環境は不透明」
「会計問題を起点に変化すると言いつつ、社内文化は変われないし、経営者も全くもって判断力を失っている。こうしたことを考慮した結果、40歳未満ではあるが、転職できるときにしておかないと不安になり退職を決意した」

「終身雇用」が当たり前の東芝で、このような退職理由をあげて会社を去る人は、これまでいなかったことだろう。法務部門に勤めていた20代後半の男性社員も、事業の将来性について同様に悲観し、「30年後まで今と同規模の収益力を持った状態が続くとも思えず」退職したと書き込んでいる。

残るは「愛社精神の強い、上昇志向のない50代以上」ばかり

2016年4月には、「将来性が見えないため退職予定」のマーケティング職の20代女性が、傾きかけた船から人々が我先に脱出するかのような社内の様子を明かしている。

「不正会計問題の影響で売上が低下し、早期退職優遇制度を利用して有能な上司、同僚は(2016年)3月末をもって退職していった。残ったメンバーも次々と転職先を見つけて行っている一方で、愛社精神の強い、上昇志向のない50代以上の社員が残り(略)若手にはかなり厳しい環境」

中年以上の社員に危機感が欠けているという声は、複数の若手社員から寄せられている。財務・会計担当の20代社員は「周囲の危機感がないことが一番の退職理由」と、世間との温度差を指摘する。

「不正会計後の経営危機にもかかわらず、40代から50代の危機感は全くありません。また、30代が少なく、今後会社を背負っていく世代が欠けています」

30代後半の社内SEは「早期退職手当が本来の退職金を上回っており、このまま定年まで勤めあげても底が知れた気がして退職を決めた」と書き残している。早く辞めた方が、もらいが多いのであれば、退職金目当てに我慢して会社にしがみつく必要もない。

技術系社員は「早く東芝と縁を切りたい」 大企業からベンチャーに「人が移るきっかけ」になるのか?

http://tenshock.biz/articles/2375

中央大学理工学部の竹内健教授が4月24日、ツイッターに「東芝の件は、日本でも大企業からベンチャーに人が移るきっかけになるのかな」という興味深い指摘をしている。

ついに40代も転職「退職して異なる環境で腕を磨いていきたい」

結局、あれだけ問題になっていた内部統制の問題も、いまだ根絶されていないという驚くべき告発もある。経理担当の20代社員は、退職にあたり「所謂『チャレンジ』は存在しており、かなり旧態依然とした企業であった」と書き残している。2016年11月の書き込みだ。

年が明けると、危機感がないと言われていた年配社員も考えを変えたようだ。生産技術部門の40代男性社員は、ついに転職に踏み切ると2017年2月12日に書き込んでいる。

「自分の今後のキャリアを考えた場合に、退職して異なる環境で腕を磨いていきたいと思った。『メディカル』と『半導体』という利益が出る事業を切り売りしている状態では、未来の展望が明るいとは言えない」

40代では若いといえないが、東芝のような一流企業の現場でコツコツ実力を蓄えてきた人であれば、よい転職先もあるのではないだろうか。

 
▲<PR>「DODA合格診断」なら、大手企業を辞めた人が人気企業に転職できる可能性を、メールで無料診断してくれます。さらに、キャリアカウンセリングで、合格可能性のある企業の情報提供や応募書類の作成方法をアドバイスしてもらえます。
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


東芝

関連する投稿



「誰も間違いを正さない風土」が東芝をメルトダウンさせる 毎日新聞・今沢真氏に聞く

「誰も間違いを正さない風土」が東芝をメルトダウンさせる 毎日新聞・今沢真氏に聞く

東芝が4月24日、「社会インフラ」「エネルギー」「電子デバイス」「情報システム」の主要4部門の分社化を正式決定したと報じられた。とはいえ、これで経営危機から復活するかはいまだ不透明だ。この問題の根深さを追及してきた毎日新聞記者・今沢真氏に、東芝が抱える問題の真相を聞いた。


東芝からの転職:大手メーカーの「技術者」なら専門性を活かせるのか?

東芝からの転職:大手メーカーの「技術者」なら専門性を活かせるのか?

大リストラが進む大手メーカー。日本を代表する大企業出身の技術者ともなれば、転職先に困らないようにも思える。しかしネットには"技術者安泰論"に疑問を差し挟む声がある。あたかも専門性を有するように見える部署や職種であっても、その中身はさほどレベルの高いものではないというのだ。


【社員の声】株式会社東芝の社員の口コミに見る社風 「官僚的な人間が残り、出世していく」「宮仕えは命がけ」

【社員の声】株式会社東芝の社員の口コミに見る社風 「官僚的な人間が残り、出世していく」「宮仕えは命がけ」

会社が「不適切会計」の問題を認め、歴代社長が辞任した東芝。日本を代表する超大企業の内実は、どのようなものなのだろうか。口コミサイトのキャリコネの書き込みから、社員の様子を探ってみる。(この記事は「キャリコネニュース」2015.7.23付け記事をリライトしたものです。)


株式会社東芝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東芝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手電機メーカー。大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角。三井グループの構成企業。連結での海外売上比率は59%、従業員20万人のうち海外の従業員が4割以上を占めているなど、グローバル化が進んでいる。不正会計問題を契機に経営危機に陥り、2017年4月の新卒採用を中止。東証2部への降格のおそれも出ている。


最新の投稿


イオン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イオン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

5期連続で営業収益が日本の小売業で第1位を達成している、だれもが知ってる超有名企業。総合スーパー「AEON」やモール型ショッピングセンター「イオンモール」などを全国に展開し、自社ブランド「TOPVALUE」の商品を食品・衣料・日用雑貨などのさまざまなジャンルのラインナップを揃えている。


株式会社大和証券グループ本社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大和証券グループ本社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大和証券グループ本社は、日本で第2位の証券会社グループの持ち株会社。1902年に開業した「藤本ビルブローカー」をルーツに持ち100年以上の歴史を誇る。証券・不動産・企業へのコンサルタントなどのサービスを世界中で展開している。大和証券や大和総研などを傘下に持つ。


オリックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オリックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オリックス株式会社は、1964年に日本でまだあまりなじみのなかったリース業をはじめた企業。その後も、自動車関連サービス・不動産関連サービス・環境エネルギーサービスなどへも次々と事業を拡大し、成功を収めている。プロ野球球団のオリックス・バファローズのオーナー会社であることでも有名。


株式会社りそなホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社りそなホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

りそなグループの銀行などを傘下に持つ、日本の4大メガバンクの一つ。関東や関西を中心に日本全国に1,400以上の支店を持っている。また、海外でも中国・タイ・シンガポール・インドネシアなどに拠点を持っており、地域密着でありながらグローバルなネットワークを展開している。


三井住友トラスト・ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友トラスト・ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友トラスト・ホールディングス株式会社は、三井住友信託銀行を中心とした銀行グループ。三井住友信託銀行は、国内に150を超える店舗を持ち、海外にも支店を構えている。投資信託・生命保険・NISAなどの資産運用のサービスと住宅ローン・カードローンなどのローン商品を展開している。


wiget_w300 wiget_w300