株式会社インタースペースに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社インタースペースに転職するなら知っておきたい情報まとめ

アフィリエイト(成果報酬)型サービスである「アクセストレード」や提携しているPC、タブレットおよびスマートフォン向けの大手ゲーム攻略サイトやレビューサイトから構成されたインターネット広告事業を主体とした企業。業界大手に位置する。インドネシアやタイなどにグループ会社を擁し、アジアにも積極的に展開している。


1. インタースペースってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

創業以来提供してきた「アフィリエイト」を、各国で展開しています。

1-2 創業者と沿革

創業者・代表取締役社長
河端 伸一郎

1970年、千葉県生まれ。1994年に学習院大学経済学部卒業後、大和証券株式会社に入社。リテール営業に携わる。株式会社ベンチャーコントロールを経て、1999年に株式会社インタースペースを設立、代表取締役社長に就任。

沿革

https://www.interspace.ne.jp/company/history.html

アフィリエイト広告「アクセストレード」、育児支援サイト「ママスタジアム」を運営する株式会社インタースペースのウェブサイトです。企業情報、IR情報、採用情報などについてご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル8階

出典:
https://www.interspace.ne.jp/company/profile.html

アクセスマップ

https://www.interspace.ne.jp/company/access.html

アフィリエイト広告「アクセストレード」、育児支援サイト「ママスタジアム」を運営する株式会社インタースペースのウェブサイトです。企業情報、IR情報、採用情報などについてご紹介します。

国内事業所一覧

会社概要 | 会社情報 | 株式会社インタースペース

https://www.interspace.ne.jp/company/profile.html

アフィリエイト広告「アクセストレード」、育児支援サイト「ママスタジアム」を運営する株式会社インタースペースのウェブサイトです。企業情報、IR情報、採用情報などについてご紹介します。

海外グループ会社一覧

1-4 ビジョン・ミッション

経営理念
Win-Winをつくり、未来をつくる。

価値の創造
新しい価値を創造し社会の発展に寄与します。

社会的信用
法令等を遵守し、社会の皆様に信用される誠実な企業であり続けます。

社員の成長
社員と共に成長し、幸せになれる企業を目指します。

長期的展望
短期的視点のみに偏らず、長期的に成長できる企業を目指します。

相互信頼
互いを認め合い、共に発展を目指します。

私達は、サービス開始当初より信頼のおける広告主様と掲載媒体様によるネットワークを築きあげることで成長してまいりました。三者構成は、広告主様と掲載媒体様と当社を表し、両者がWin-Winの関係であることを意味しています。また、インタースペース(隙間・合い間)が彗星のごとく三者を繋ぐことで、無限の可能性が表現されています。

2. インタースペースって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し


▲売上高
2016年9月期 232億9300万円
2015年9月期 200億6500万円
2014年9月期 167億8800万円

▲営業利益
2016年9月期 9億円
2015年9月期 3億4800万円
2014年9月期 7億8000万円


▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年9月期 5億4200万円
2015年9月期 3億200万円
2014年9月期 3億8600万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
インターネット広告 225億6838万円
メディア運営    7億2522万2000円

2-3 主力事業

インターネット広告事業
アフィリエイトサービス

X-lift(クロスリフト)
ネイティブ広告に対応したコンテンツレコメンデーションネットワーク
「プレミアムメディアネットワーク」の関連記事・関連広告枠に独自のレコメンデーションアルゴリズムにより違和感のない広告配信を実現する ネイティブ広告に対応したコンテンツレコメンデーションネットワークです。

メディア事業
メディアサービス

ママスタジアム
20~30代中心のママ達が集い、育児や家族に関する喜びや悩み、ママ友やご近所関係についての相談を共有し書き込みが出来るCGMサイト。話題の社会問題やファッション・美容など、ママの日常を取り巻くあらゆることについて活発な情報交換がされています。月間約1.3億PV、月間ユニークユーザー数400万を超える、日本最大級のママ向けコミュニティサイトです。

海外事業

アクセストレード
アクセストレードは、日本で2001年から運営しているアフィリエイトプログラムで、日本国内においてはトップクラスの実績を誇ります。
10年以上の実績を元に広告主にとって費用対効果の高い広告配信とメディアへの収益還元を演出しております。培ったノウハウを東南アジアにて展開し、現在はインドネシア・タイ・ベトナムにおいてサービスを展開しております。

3. インタースペースの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
河端 伸一郎

1970年10月16日生まれ
1994年04月 大和証券株式会社入社
1998年09月 株式会社ベンチャーコントロール入社
1999年11月 当社設立、代表取締役社長(現任)

出典:
https://www.interspace.ne.jp/company/director.html

3-2 発言、ブログ、エピソード

私たちインタースペースは広告主とウェブサイトをマッチングする、成果報酬型ネット広告サービス(アフィリエイト)を主力事業とする会社です。営業マンによるソフト面でのサービスがカギを握る業種なので、その国の文化や慣習に根ざして活動している現地企業でなければ成り立たないのではないかと私自身は考えていたのです。

しかし、2012年に東南アジアを視察に訪ねたとき、そんな考え方は、簡単に吹き飛んでしまいました。「ビジネスをやるうえで、これほど面白い場所はない。とにかく始めよう」会社を創業した当時のワクワク感に近いものを感じました。とはいえもちろん面白そうということだけで始めようと思ったわけではありません。

というのも私は東南アジアでももっと現地のインターネット企業が成立しているのかと思っていたのですが、それが意外なほどに少なく、かつ弊社の主力事業であるアフィリエイトの事業を展開している会社が東南アジアにはほぼ存在していなかったのです。

2000年頃から一貫して、「情報」の主役が企業などの権威者から、個人に移り変わっていくパワーシフトが起こっています。民主化、と言い換えることもできるでしょう。従来、情報の非対称性、すなわち特定の既得権益者しか持ちえなかった情報を武器に優位性を獲得していたビジネスが崩壊し、力を持つようになった個人の情報発信によって、あらゆるビジネスの動向が大きく左右される時代になったのです。

4. インタースペースではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 371人
単体 336人(平成28年9月30日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 31.7歳(平成28年9月30日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 3.6年(平成28年9月30日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 497万1000円(平成28年9月30日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

本田 敦美
2011年入社
アフィリエイト事業部Eコマースグループ リーダー
アパレル、コスメ、健康食品をメインに通販系企業様のWEBプロモーションのアカウントプランナーとして活躍。現在は営業以外にも所属部署でチームのマネージメントへも領域を広げている。

私は、アパレルや健康食品の企業様を担当していますが、会社の特性上、多種多様なジャンルのお客様と関われることです。インターネットの世界は変化が早いですが、ジャンルが異なることで、課題や価値観が異なり、流行るツールも異なり、色々な確度から世界を知れるのは面白いです。
流行り廃りも激しいので情報に振り回されている感覚もありますが、それもこの業界ならではの楽しさかもしれません。

K・H
2012年入社 アフィリエイト事業部ADソリューションリーダー
入社後1年半はアフィリエイト営業として、広告主となる企業へ営業活動を行う。その後自社サービスの企画開発を担当。実際にプログラミングも書く開発者としても活躍。

結果を出せず1年が経過。そんなとき上司から会議室に呼び出された。これはマズい、怒られる。ビクビクして向かったら「もう営業やらなくていいよ。その代わり新プロジェクトの立ち上げメンバーになって」驚いた。耳を疑いました。さらに上司は「K・Hは自分でサービス作れるんだっけ?プログラミングできる?」と。もちろんできるわけない。でもここでNOと言ったら新規事業の夢はおろか、一生新しいチャンスに巡りあえないかもしれない。思わず「できます!」と言ってしまった。言った手前、何としてでもカタチにしないと。昼夜ぶっ通しで1ヶ月間、勉強しながらなんとか作りあげました。手が届くか届かないか分からないことを、とりあえずやってみる。できるかできないか分からないなか、どうにかして答えをまとめるかという「なんとかする力」が身につきましたね。

K・N
2013年入社 アフェリエイト事業部Eコマースグループサブリーダー
アフィリエイト広告の営業として、eコマース業界を担当。アパレル業界に精通しており、大口案件もまとめるプロジェクトリーダーとして活躍。

自分が売りたいものを売ろうとするのではなく、お客さまがなりたい姿や実現したいことを徹底的に聞き出してから提案する。スタンスを180度チェンジしました。そうしたら徐々に結果があらわれ、超有名アパレル企業が大手広告代理店を断り、広告からWeb関連までまるっと僕に託してくれたんです。あのときは本当に嬉しかった。そして入社2年目は、社内2位の成績を上げ、表彰されました。今はチームリーダーとしてメンバーを持つようになりましたが、今度はマネジメントに悪戦苦闘中。またしても壁にぶち当たっています。3年を目処に独立するつもりでしたが、今はもっとインタースペースで挑戦したい。自信家の鼻を何度もへし折って、その度に成長させてくれますから。試練だらけの毎日を、本当にありがとうございます(笑)。

 

5. インタースペースの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

求める人材
1.常に前向きに物事を考え、高いモチベーションを持つことで、自らの能力を高めていこうとする方。
2.高い分析能力を持ち、物事の本質を究めたいと考えている方。
3.素直な視点で物事を見つめる事のできる方。
4.常に問題意識を持ち、世の中のニーズに「気づく」ことのできる高いアンテナを持っている方を求めています。

5-2 育成に関する方針・施策

社員の能力向上のための育成制度を設けています。
(1)新入社員研修 新卒・中途共に入社時に一定期間の研修を行っています。
(2)メンター制度 先輩社員が1人、専任でついて不安の解消、業務の指導、育成を担当します。
(3)外部提携セミナー トーマツイノベーション、マナビト等と提携し、社員の自己啓発を支援しています。
(4)夜活 定期的に社内のニーズやトレンドにあわせたテーマで、自主勉強会を開催しています。

マネジメント力を高める管理職コースと専門性を追求する専門職コースがあります。
自身の希望や適性に応じてキャリアを選択することが出来ます。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

表彰制度 ~IS HEROES

半期に1度、社内のヒーローを決める表彰制度です。
MVPや新人賞、Good Job賞やBest Group賞など様々な賞があり、Good Job賞は社員投票によって決定します。
MVPと準MVPには海外研修旅行が贈呈され、これまでニューヨーク、サンフランシスコ、シンガポール、タイ、バリ島に行っています。

人事考課制度
人事考課を通じて社員が会社の理念や戦略を理解し、モチベーションを高め、問題があれば改善していけるよう次のような人事考課制度を設けています。
■評価は半期に1度
■キャリア毎に結果を出すための過程と出した結果に基づいて実施
結果のみではなく、その過程における取組みも評価する点が特徴です。

(中途)
給与 
■正社員 月給23万~40万円
※年齢・経験・能力を考慮の上、決定。
【年収例】
600万円/28歳・入社3年/月給43万円
450万円/30歳・入社2年/月給32万円
400万円/25歳・入社1年/月給28万円
昇給・昇格随時(基本は年2回)
賞与年2回(各 平均1か月分)

■契約社員
東京本社:22.5万円~
大阪・福岡オフィス:20万円~

6. インタースペース出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

インタセクト・コミュニケーションズ株式会社

渡部 祐司
取締役 ECビジネス本部 本部長

1977年神奈川県横浜市生まれ。
大学卒業後フリーペーパー及びECサイトを行うアーリーステージのベンチャーに新卒ではじめて入社し、営業を行なう。その後楽天株式会社に入社、楽天市場出店舗向けの広告運用業務を経て、2001年12月に株式会社インタースペースに5人目の社員として入社。同社では主にアフィリエイトプログラム「アクセストレード」の広告主企業へ「成果を高めるためのコンサルティング業務」を金融・教育・物販・医療・結婚情報など幅広い分野の企業に対し、延べ数百以上のプロモーションを担当する。

7. インタースペースの福利厚生は?

福利厚生
育児休業制度、介護休業制度、慶弔見舞金制度、定期健康診断、社内表彰制度、福利厚生サービス(ベネフィットワン)、部活支援制度、図書館制度、無料マッサージルーム

8. インタースペースの中途採用は?

求人職種 | 株式会社インタースペース

https://www.interspace.ne.jp/recruit/offer/

アフィリエイト広告「アクセストレード」、育児支援サイト「ママスタジアム」を運営する株式会社インタースペースのウェブサイトです。企業情報、IR情報、採用情報などについてご紹介します。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

横浜市に本社を置く大手自動車メーカー。1933年創業。1999年にフランス・ルノーと資本提携。国内市場シェア(登録車)は14.8%でトヨタに次ぐ2位。2016年10月から西川廣人氏が社長兼CEOに昇格、カルロス・ゴーン氏が会長に。同月、三菱自動車を子会社化。2016年度のグローバル生産台数は過去最高を記録した。


アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ICTサービスに関わる最先端の企業。各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供し、幅広い分野で暮らしやビジネスを支えている。


TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独創的な製品開発力と高品質なモノづくり力で、多種多様な製品を作っている世界屈指の電子部品メーカー。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地に研究開発・生産拠点を有する。確かな基盤技術をもとに15の事業分野で幅広いビジネスをワールドワイドに展開している。


株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業革新機構主導で、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の事業を統合し設立された中小型液晶ディスプレイ事業を主体とする会社。15年の中小型液晶の出荷額シェアではトップを誇り、有機ELを含めても2位の事業規模を備える。


アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社は日本を代表する電子部品・音響機器を製造販売する企業。IT環境にとって必要不可欠な電子部品も製造しており、ノートPCに使われているグライドポイントやスティックポインタは、どちらもアルプス電気の登録商標である。また、自作ラジオを作っている人には、バリコンメーカーとしても名が知られている。


wiget_w300 wiget_w300