超人気企業・電通への転職成功談――ネット掲示板の書き込みから「キャリアアップの抜け道」を探る

超人気企業・電通への転職成功談――ネット掲示板の書き込みから「キャリアアップの抜け道」を探る

世界屈指の規模を誇る広告代理店、電通。過労自殺事件後に就任した山本敏博・新社長は、「労働環境の改革」を最優先の経営課題に掲げた。もしかすると働き方の見直しとともに、増員が必要となる部署があるかもしれない――。そんな電通への中途採用をねらう人が注目するのが、2014年11月に2ちゃんねるに登場した、とあるスレッドだ。


「もうちょいB2C向けをやりたくて」野村総研から転職

スレのタイトルは、「早稲田大卒→野村総研→電通へ転職。31歳が皆様の質問になんでも答えます」というもの。スレ主は、1年間の浪人後に早稲田大学商学部に入学、卒業後は野村総合研究所に入社したという男性だ。

野村総研といえば、単体で6000人、連結で1万人を超える従業員を抱える大企業。シンクタンクやコンサルティングファーム、システムインテグレータといった幅広い事業を行っているが、この男性は「どちらかというとB2B向けのコンサル」を担当しており、

「もうちょいB2C向けをやりたくて」

という理由で、電通のコンシューマー(一般消費者)向けのマーケティング部門への転職に踏み切った。31歳当時の年収は「1000万前後」。このスレ主に対し、同じ野村総研でSEをしている人が「ゆくゆく(は)電通いきたい」と相談を持ちかけた。

社外からうかがい知れない内情を期待する人たちに対し、スレ主は電通について「中途(採用)はかなり少ない」と明かす。博報堂(広告業界2位)やADK(アサツー ディ・ケイ、同3位)と異なり、電通のプロパー(新卒生え抜き)の社員は「コネとか縁ばかり」だが、サラブレッドなので「めっちゃ優秀な可能性が高い」というのが彼の見立てだ。

そんな中、転職希望者が中途採用を獲得するには「すぐに実戦で使えるかどうか」、もしくは「世の中に実績があるやつかどうか」のどちらかだという。特に後者の「世の中の人が知ってるような実績がある」ような人は強く、男性もこちらに当てはまるようだ。

 

「所詮は代理店」とグチを漏らす場面も

転職に成功した理由について、男性は「ぶっちゃけタイミングが良かった」と運のよさを強調する。電通はある時期にマーケティング職を積極的に採用していたことがあり、「その時期にたまたま応募した」のだそうだ。確かに求人がなければ入社もできない。

「仕事の内容も(前職と)それなりに重複しているところがあって、即戦力として認められたんだろうな。(自分は)稀有な存在だと思う」

前職の影響については「野村総研ブランドはあると思う」とし、広告代理店と「業態は似てる」という理由で、マーケティング分野のコンサルタントとして働いた経歴は「経験者の強みとして活用できる」選択だとしている。

とはいえ男性は、転職希望者に対して意外にも「電通に縛られることなく、広告代理店のマーケティング志望で行けば可能性は広がるはず」と勧める。特に日々「コネの電通」と競っている博報堂やADKは、マーケティングの実力では電通より優秀という評価もあるとする。

電通での仕事は楽ではなく、1週間のうち「1日は帰れない日がある」そうだ。さらにスレ主は、せっかく入社した電通の中で「局長みたいに偉くなりたいとは全く思わない」と明かし、広告代理店の限界を次のように示した。

「代理店で偉くなっても、所詮(は)代理店。クライアントの事業部のやつらは世界を相手にどんどん裁量が大きくなるが、代理店はいつまでも代理なので、裁量が極端に大きくなるわけでもない。それなのに忙しくなるばかり。これって楽しいのだろうか」

「それに給料も大幅に良くならない。たぶん局長でも1500(万円)くらいなんじゃないかな。力があるとわかれば、メーカーなどの事業部で偉くなった方が給料も良くなるだろうね」

 

「経験」から「発想」を生み出すのが仕事の魅力

結局のところ、天下の電通に入社できても「人にうらやましいと思われるような仕事では全くない」というスレ主は、「地方の企業で地元に貢献するようなビジネスの方が、よっぽどやりがいがあるんじゃないか」と、転職希望者の憧れに水を差す書き込みを残している。

キャリアの作り方についても「学歴は多少有利に働くこともある」としつつ「そんなのは微々たるもの」と断じ、「自分の熱量があふれ出るくらいの仕事と出会えることの方がよっぽど大事」と助言する。

「(天職と出会える)鉱脈を若いうちに探せるかどうか、だと思う。結果、年収はついてくるものだと思ってるよ」

一方、広告代理店で働くメリットとして、特定の会社の事業部で長く過ごすよりも「他の業界も経験」している人は、「その経験から新しいアイデアとか発想を引きずり込むことができる」ところが強みになるとする。

「基本はみんなアイデア/発想に飢えてる。だからいろんな業界を見てるやつは重宝されるんだよ」

だいぶ長くなったが、以上がスレッドの概要をまとめたものだ。このような匿名によるネット掲示板の書き込み内容は、どの程度あてになるのだろうか――。(この続きは、現在TENSHOCK編集部で取材中です。)

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


電通 広告

関連する投稿


営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

広告代理店にとっての営業部門は、まさに顔といってもいいほど、会社を代表する部門。新卒入社組の7~8割が最初に配属されるといわれています。営業の仕事とは具体的にどのようなことをおこなっているのでしょうか。


「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

一口に広告業界といってもさまざまな会社が関わっています。広告代理店のみならず、制作会社、PR会社やコンサルティング会社など、それも広告に携わっている会社です。いったいどのような会社があるのか見ていきましょう。




最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300