株式会社日本アクアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日本アクアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

平成16年11月に設立された、戸建住宅吹付断熱シェアNo.1企業。「日本の住環境を変えたい」というコンセプトのもと、水の力で発泡する断熱材「アクアフォーム」を原料開発から施工まで行っているのが特徴である。高断熱・高気密の素材により住環境の改善に積極的に取り組み、地球規模での温暖化防止の一翼を担っている。


1. 日本アクアってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

「アクアフォーム」を核とし、日本アクアでは関連部材の開発や住宅メーカーへ断熱設計の提案を積極的に行っています。

1-2 創業者と沿革

創業者・代表取締役
中村 文隆

「日本の住環境を変えたい」という思いで、平成16年11月日本アクアを設立しました。
以来、高気密・高断熱の現場発泡ウレタン断熱材「アクアフォーム」を普及させることに全力を注いでまいりました。
アクアは、政策的な後押しもあり、戸建住宅だけでなく建築物へも断熱材「アクアフォーム」の適用範囲を広げ拡大しております。

沿 革(有価証券報告書/4ページ目)

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都港区港南2-16-2 
太陽生命品川ビル20F

出典:
http://www.n-aqua.jp/company/info.html

事業所一覧 | ウレタン、断熱材の施工ならアクアフォームの日本アクア

http://www.n-aqua.jp/company/branch.html

日本アクアの全国40以上の営業所・事業所一覧の住所や電話番号を掲載

1-4 ビジョン・ミッション

私たちは、「アクアフォーム」の断熱技術をもとに、「地球や人にやさしいエコで快適な住空間の創造」を実現し、一人ひとりのしあわせをつくり出すことを社員一丸となって取り組んでおります。
世の中の構造変化や生産や研究活動の進歩、環境保全や省エネルギーなどの社会的な価値観とも調和した重要な技術として、「アクアフォーム」をはじめとする断熱・遮熱部材は、社会や人々の生活、地球環境になくてはならないものと私たちは確信しています。
新しいシンボルは、弊社製品の源である水をモチーフに社員、パートナー企業様とのより密接なコミュニケーション、ならびに、無限の可能性を表現すべく未来へ向かうべき方向をラインで指し示しています。

2. 日本アクアって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し


▲売上高
平成27年12月期 144億600万円
平成26年12月期 130億2000万円
平成25年12月期 98億2500万円

▲経常利益
平成27年12月期 10億1600万円
平成26年12月期 9億3700万円
平成25年12月期 9億2500万円


▲当期純利益
平成27年12月期 1億3700万円
平成26年12月期 5億2900万円
平成25年12月期 5億1200万円

2-2 事業セグメントと業績内訳


▲セグメント別売上高(平成27年12月期)
戸建住宅向け断熱材 94億1492万8000円
建築物向け断熱材  28億5831万2000円
商品販売      21億3306万8000円

2-3 主力商品

アクアフォーム

アクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。
これによってガスが抜けて性能が下がってしまう事が無くなりました。イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用することで、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

アクアAフォーム
(吹付硬質ウレタンフォームA種1)

アクアAフォームの現場発泡吹付施工は、特殊な発泡機械を用いて、原液をスプレーガンで対象物にスプレーします。スプレーすると同時に対象面へ強力に接着、瞬時に発泡硬化します。厚みは、重ねてスプレーすることで調整も自在です。


アクアフォーム1液性ハンドタイプ

・あらゆる断熱材施工の断熱補助に最適です。
・複雑な凸凹部や細かな隙間充填も可能です。
・異種材料の接着や固定に使用できます。
・両用デュアル吐出方式(ノズル吐出・ガン吐出)

3. 日本アクアの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール


代表取締役社長
中村 文隆

昭和43年6月24日生
平成2年3月 ㈱シンコーホーム入社
平成4年12月 ㈱イノアックコーポレーション入社
平成13年3月 フォーム断熱㈱入社
平成15年10月 BASF INOACポリウレタン㈱入社
平成16年11月 当社設立 代表取締役社長就任(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

<日本アクア(東京都港区、中村文隆代表取締役社長)の業績が好調だ。その業績好調をけん引するのは、現場発泡断熱材「アクアフォーム」。省エネ住宅への関心が高まる中で、手軽に断熱・気密施工が行える同商品の採用が相次いでいる。>

当社は「地球や人にやさしい豊かな住環境の創造によって社会に貢献する」という経営理念をもとに主力商品であるアクアフォームの施工販売と断熱材市場の開拓に注力してまいりました。特に第2四半期累計期間に計上した特別損失の発生以降、断熱材の原料において、原料メーカーからの既製品の購入から、自社ブランドによる委託製造へとシフトすることを強力に推し進めたことにより、製品の品質の安定化と大幅なコストの削減を実現することができました。

4. 日本アクアではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体 423名(平成27年12月31日時点)

4-2 平均年齢

単体平均 34歳4ヶ月(平成27年12月31日時点)

4-3 平均勤続年数

単体平均 3年(平成27年12月31日時点)

4-4 平均年間給与

単体平均 402万9000円(平成27年12月31日時点)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

佐藤 広和 
営業スタッフ

ルート営業と、現場管理がメインとなります。アクアフォームをPRする為、カタログ・実演キットを持って、販売店同行をし、新規開拓を行います。
東海エリアは全国的に見ても、吹付け断熱材の採用率が高い地域ですが、まだまだ従来の断熱工法を採用されているお客様が多い為、やりがいがあります。また、定期的に開催される展示会や、現場見学会にもメーカーとして参加し、商品の認知を図ります。

営業といっても日本アクアでは、積算部門、見積り部門があり、集金業務もありませんので、営業活動に専念できる環境が整っています。次に受注した工事を正確に施工する為、工事の前に工務店様と現場打合せをし、工務部へ現場打合せシートを渡し引継ぎます。受注頂いた工事を正確に納める事を心掛けて取り組んでいます。

浅野 弘敬
営業スタッフ

商品「アクアフォーム」の営業及び施工管理が主な仕事です。メーカー営業として販売店様、工務店様への新規開拓営業やルートセールス、展示会などを通じて直接お施主様への商品PRを行う機会もあります。
様々な場面で一般の方から設計士さんなど幅広く、商品特性や施工に関する問いにお答えする事も少なくありません。
また現場発泡の断熱材原料メーカーとしては唯一、断熱工事までワンストップで行う会社ですので、現場監督さんや大工さんとの打合せ、施工前の現場確認を行い工務社員へ状況を伝達、工程の調整など工事完了までの施工管理が営業の重要な仕事となります。

 

5. 日本アクアの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

会社を造ってゆくのは、一人一人の人間です。

私たちはこの会社の仲間に、会社が成長する過程をともに味わうことで、
人としても大きく成長してもらいたいと思っています。

求める人物像・選考基準

■人と地球に優しい住環境を創ることに使命感を持てる方
■自分自身の成長と会社の成長に情熱を持って取り組める方
■常に問題意識を持ち仲間と共に協力しながら業務に取り組める方

5-2 育成に関する方針・施策

新入社員集合研修(約2週間)、新入社員月次研修、新入社員フォロー研修(3カ月後に1日)、営業職研修、営業事務研修、管理職研修(年4日)

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与
※当社規定により支給
※試用期間3ヶ月あり
※経験・能力・年齢に応じて加給優遇いたします。

■昇給年1回
■賞与年2回
■交通費支給(上限月5万円まで)

6. 日本アクア出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

OBに関する情報がありませんでした

7. 日本アクアの福利厚生は?

■社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
■退職金制度(401K)
■従業員持株会
■車通勤可(営業所により条件あり)

8. 日本アクアの中途採用は?

営業スタッフ、吹付け断熱材施工技術者の中途採用情報 | ウレタン、断熱材の施工ならアクアフォームの日本アクア

http://www.n-aqua.jp/recruit/recruit.html

日本アクアは、断熱材、省エネ関連資材等の営業スタッフと、吹付け断熱材施工技術者を募集しております。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2015年7月に誕生した持株会社である。主なグループ企業には、ソフトバンク株式会社やヤフー株式会社、プロ野球チームを運営する福岡ソフトバンクホークス株式会社などがある。海外の企業の買収も積極的に行っていて、アメリカのスプリント・ネクステルやイギリスのARMホールディングスもグループ会社である。


株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ、求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


最新の投稿


【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

横浜市に本社を置く大手自動車メーカー。1933年創業。1999年にフランス・ルノーと資本提携。国内市場シェア(登録車)は14.8%でトヨタに次ぐ2位。2016年10月から西川廣人氏が社長兼CEOに昇格、カルロス・ゴーン氏が会長に。同月、三菱自動車を子会社化。2016年度のグローバル生産台数は過去最高を記録した。


アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ICTサービスに関わる最先端の企業。各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供し、幅広い分野で暮らしやビジネスを支えている。


TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独創的な製品開発力と高品質なモノづくり力で、多種多様な製品を作っている世界屈指の電子部品メーカー。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地に研究開発・生産拠点を有する。確かな基盤技術をもとに15の事業分野で幅広いビジネスをワールドワイドに展開している。


株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業革新機構主導で、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の事業を統合し設立された中小型液晶ディスプレイ事業を主体とする会社。15年の中小型液晶の出荷額シェアではトップを誇り、有機ELを含めても2位の事業規模を備える。


アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社は日本を代表する電子部品・音響機器を製造販売する企業。IT環境にとって必要不可欠な電子部品も製造しており、ノートPCに使われているグライドポイントやスティックポインタは、どちらもアルプス電気の登録商標である。また、自作ラジオを作っている人には、バリコンメーカーとしても名が知られている。


wiget_w300 wiget_w300