株式会社北越銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社北越銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

長岡市を中心に、新潟県内に店舗を展開している県内2位の地方銀行である。明治11年に第六十九国立銀行として創業。昭和23年に改称した。略称は「ホクギン」。2018年4月に持株会社「第四北越フィナンシャルグループ」を新設して、新潟市の第四銀行(県内1位)と経営統合することで基本合意。2020年を目処に合併を検討中。


1. 北越銀行ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

新潟県長岡市に本店を置き、新潟県を中心に業務を行う地方銀行。

1-2 創業者と沿革

第六十九国立銀行(現北越銀行)の創始者の一人、永年支配人
岸 宇吉

戊辰戦争に敗れ、町を焼かれ、士族、町民の暮らしは苦しかったが、なんとか皆の気持ちを明るくし、希望をもってもらおうと、「ランプ会」を立ち上げた。岸家には、「西洋行灯(せいようあんどん)」といわれたこのランプがあった。
このランプの灯りの下で、小林虎三郎、三島億二郎、大島佐平、梛野 直らとともに長岡の復興について夜を徹して話し合った。

そして、困窮のどん底にあえぐ長岡を救うには殖産興業こそ急務と考え、その発展に尽くし、北越銀行の前身、六十九銀行の創立に努め、永年支配人として活躍、外に長岡商工会、石油会社、製糸工場、北越鉄道会社の設立に尽力し、明治期の長岡産業経済界の先駆者として評価されている。

戊辰戦争の余燼がいまださめやらぬ長岡において、明治11年、当行の前身銀行である第六十九国立銀行が創業しました。
一方、明治29年には株式会社長岡銀行が創業し、大正末期から昭和初期にかけて、両行は13行もの諸銀行の合併・買収を経て、昭和17年12月に対等合併し、長岡六十九銀行を新たに設立しました。
その後、昭和23年に商号を「北越銀行」と改称して現在に至っています。

1-3 本社所在地とネットワーク

本店
新潟県長岡市大手通二丁目2番地14

店舗数:84店舗 (新潟県内79ヵ店,県外5ヵ店)、暮らしの応援ひろば(新潟・県央)、ローンプラザ(長岡・上越・藤見町)、店舗外キャッシュコーナー

北越リース、北越カード、北越信用保証、ホクギン経済研究所

1-4 ビジョン・ミッション

行是
北越銀行は 広く金融サービスを提供し
顧客に信頼され
役に立つ銀行として
地域社会の発展に貢献する

行章
 北越銀行の「北」の文字を雪の結晶にデザイン化したもので、外に向かう放射線状の線は明日への限りない発展を表しています。

2. 北越銀行って何をする会社?

経営統合に向けて交渉入りしていた新潟県の第四銀行(新潟市)と北越銀行(長岡市)は[2017年4月]5日、2018年4月に統合することで基本合意する。新設する共同持ち株会社の傘下に両行が入り、20年をめどに合併することを検討する。(…)新設する持ち株会社の名称は「第四北越フィナンシャルグループ」とする。持ち株会社の会長には北越銀の荒城哲頭取、社長には第四銀の並木富士雄頭取が就く。

同県には、第二地方銀行の大光銀行(長岡市)も含めて地銀が3行ある。連結総資産は県内トップの第四銀と2位の北越銀が統合すると、単純合算で8兆3700億円(16年12月末)となり、全国の地銀、第二地銀で20位以内のグループが誕生する。

2-1 業績推移・見通し

▲経常収益
平成25(2013)年度 514億1300万円
平成26(2014)年度 570億1300万円
平成27(2015)年度 578億1800万円

▲経常利益
平成25(2013)年度 92億4200万円
平成26(2014)年度 118億9600万円
平成27(2015)年度 130億9900万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
平成25(2013)年度 48億3800万円
平成26(2014)年度 64億3800万円
平成27(2015)年度 77億6600万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別経常収益(平成28年3月31日)連結
銀行業 522億700万円
リース業 45億3300万円
信用保証業 4億1500万円

2-3 主力事業

・リース業
経営資源は「所有する量」から、「使用する価値」を追求する時代です。
使って初めてその価値が生まれる設備投資。
高額なだけに、効率よく使わなければ、無駄な経費を太らせるだけです。
企業が成長を続けるうえで、設備投資は欠かせないものです。

・信用保証業
事業者カードローン「POWER」
専用カードでのお借入れ・ご返済が可能
最高2,000万円まで無担保でご利用可能

3. 北越銀行の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

取締役頭取 荒城 哲(あらき・さとる)

昭和26年11月29日生
昭和51年4月 株式会社北越銀行入行
平成10年4月 亀田支店長
平成12年4月 六日町支店長
平成14年6月 直江津支店長
平成16年4月 融資統括部長
平成17年6月 融資第一部長
平成18年6月 営業統括部長
平成19年6月 取締役、営業統括部長委嘱
平成20年6月 常務取締役
平成22年6月 常務取締役、本店営業部長委嘱
平成23年6月 常務取締役
平成25年6月 取締役頭取(現職)

3-2 発言、ブログ、エピソード

荒城頭取は「第四銀行と経営の統合に関して検討を行っていることは事実である。経営統合のいかんに関わらず、地域の発展のために貢献していく方針はあくまで不変である」と述べた上で、「失敗を恐れず、いろいろなことにチャレンジしてほしい」と新入行員にエールを送った。

頭取就任からずっと、人材育成を第一の課題としています。
地方銀行の強みは、地場の企業・お客さまと堅いリレーションを持てることです。ですが私自身の銀行員生活を振り返ってみても、やはりお客さまの懐に飛び込まなければ、本音はなかなか話してもらえないものです。企業は人。最後は「人間力」の勝負と思うのです。
人材育成については二十数年ぶりに全面的に見直し、新しい人材育成計画「ホクギン ニューWAVEプラン」を今年4月からスタートさせたところです。
①人間力を備えた次世代リーダーの育成②女性行員が活躍できる教育支援の実施③多様な金融サービスの提供に向けた専門人材の育成―を柱に据え、「新しい波」を興し、地域の未来を担う人材の育成を目指します。

4. 北越銀行ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1473人 単体 1431人(平成28年3月31日時点)

4-2 平均年齢

単体 40.3歳(平成28年3月31日時点)

4-3 平均勤続年数

単体 16.7年(平成28年3月31日時点)

4-4 平均年間給与

単体 622万5000円(平成28年3月31日時点)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

坂牧亜利沙 2013年入行
宮内支店 窓口
私は長岡出身で、今まで地域の方をはじめたくさんの方々に支えていただきました。
その方々にこの地域でなにか恩返しをしたい、今まで勉強してきた知識を活かし、
金融面から長岡を活性化させたいと思い、北越銀行を志望しました。

山本一貴 2010年入行
南新潟支店 渉外
渉外の仕事は、営業店内ではなく、直接お客様のもとへ出かけ、様々なご要望にお応えするものです。マネーコンサルタントとしてのお客さまに「よりよいお金の持ち方」を気持ちをこめて提案し、
その提案を喜んでもらえたとき仕事の醍醐味を感じます。

 

5. 北越銀行の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

【求める人物像】
「柔軟な思考を持ち、旺盛な行動力のある人」
「誠実で高い倫理観と正義を持って行動できる人」
「新潟をより良い地域にしたい人」

5-2 育成に関する方針・施策

私たちは長期人材育成計画「北銀チャレンジプラン」に基づき入行から退社まで、
年齢別・資格別・担当職務別の各研修ラインアップを充実させ、能力開発を支援します。

北越銀行では、従業員の「自発的成長」を促すとともに、
「皆で人を育てる」企業風土を醸成するため、
以下の3点に重点を置き人材育成の背策を実施しています。
【実践的教育の充実】
〜できる人材に学ぶ〜
●融資部トレーニー ●コンサルティング営業部トレーニー ●外為トレーニー等

【効率的で実効性のある教育現場の実現】
〜できないところを具体的に知り、皆でフォローする〜
●業務スキルシートの測定・活用 ●本部臨店強化とOJT支援

【制度・仕組みの整備による意欲増進】
~やる気を引き出す~
●スキル認定の拡充 ●人材育成への取り組みをより評価できる仕組みを検討

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月、12月)

6. 北越銀行出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

猪俣ひとみ
演歌歌手
元北越銀行バレーボール部、現在も選手として全国大会にも出場しているユニークな経歴の持ち主。明るく元気なステージで楽しませる。

大協リース株式会社代表取締役社長
株式会社シンキョー代表取締役社長
株式会社セイヒョー取締役 村山 栄一
昭和42年3月31日生
平成元年4月 ㈱北越銀行入行
平成4年4月 大協リース㈱入社
平成4年4月 ㈱シンキョー取締役就任
平成5年2月 大協リース㈱取締役就任
平成7年2月 同社 専務取締役就任
平成10年4月 ㈱シンキョー専務取締役就任
平成15年6月 大協リース㈱代表取締役社長就任(現任)
平成17年4月 ㈱シンキョー代表取締役社長就任(現任)
平成19年5月 当社取締役就任(現任)
(出典:株式会社セイヒョー 有価証券報告書)

7. 北越銀行の福利厚生は?

各種制度/健康保険組合、企業年金基金、持株会、従業員財形預金、慶弔見舞金、災害補償、
定期健康診断、人間ドック、育児・介護休業制度
親交会、従業員融資、団体生命保険
寮・社宅
施設/研修センター

8. 北越銀行の中途採用は?

 

関連するキーワード


新潟県 東証一部 銀行

関連する投稿


新潟県の転職事情-平均年収と主要企業【食品業界の求人多数】

新潟県の転職事情-平均年収と主要企業【食品業界の求人多数】

新潟県で転職するなら、気になるポイントは2つ。年収と企業です。県内男女別と、業種別の平均年収をデータを元に算出。そして、県内に本社を持ち売上の多い注目企業を掲載しました。


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


最新の投稿


【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手。全国地方銀行協会システム(ACS)や全銀システム、アメダス、郵便貯金システム、社会保険システム、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS)、都銀キャッシュサービス(BANCS)など日本の基盤となるシステムを構築している。


中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船底塗料の製造が主となる中国化学工業合資会社が前身で、現在は船底塗料の他にもプレジャーボート用塗料、コンテナ用塗料、プラスチック用機能性塗料など多岐にわたる塗料を製造している。錆防止や海洋生物の付着防止の性能に拘って製造された塗料は信頼も高く国内シェアNo1を誇っている。大正6年から研究され受け継がれた技術力も有数。


太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽インキ製造株式会社を前身としたソルダーレジストを主として取り扱う製造会社。ソルダーレジストについては海外へのシェア率が高く、海外売上比率が80%を超えている。多くの電子基板への使用率が高いのが当社の強みとなっている。他にも異方導電性接着剤、感光性カバーレイフィルムの製造等、幅広く事業展開している。


東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

持ち株会社としてグループ企業の統括および戦略立案を行う、ホールディング会社。グループの主な事業は、「東洋インキ株式会社」が中心となって展開する、印刷・情報関連の事業、パッケージ製品の開発・生産をはじめ、「トーヨーカラー株式会社」が中心となって展開する印刷インキや塗料の製造などがある。


株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1927年で、80年以上の歴史がある男性化粧品の草分けメーカー。男性用整髪料をメインの商品として展開し、シェアは国内トップクラスを保持している。中でも「GATSBY」シリーズはブランド名として馴染みが深い。男性化粧品だけでなく、女性化粧品ブランドの「ルシードエル」「バリアリペア」なども展開している。


wiget_w300 wiget_w300