【平均年収1163万円】三菱地所株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1163万円】三菱地所株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱グループの中核となる大手不動産会社。旧三菱財閥が開発した東京駅周辺の「大手町・丸の内・有楽町地区」に30棟以上のビルを保有。三菱グループ主要各社の本社も多く集積していることから、丸の内一帯は「三菱村」と例えられる。横浜・みなとみらい地区の開発にも大きく関与した。


1. 三菱地所株式会社ってどんな会社?

(20代男性・財務会計職)仕事のやりがいは、丸の内という世界有数の土地を開発できるところ。仕事の規模としても非常に大きく、裁量は非常に大きい。高給の割にはワークライフバランスが取れている。

1-1 ひとことで言うと

日本の大手不動産会社。総合デベロッパーとして、三井不動産と共に業界の双璧を成している。

1-2 創業者と沿革

岩崎 弥太郎(いわさき やたろう、天保5年12月11日(1835年1月9日) - 明治18年(1885年)2月7日)は、日本の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。諱は敏(後に寛)、雅号は東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも書く。

1937年(昭和12年) - 三菱合資会社の不動産部門・建築部門が分社して発足
1952年(昭和27年) - 「新丸ノ内ビルヂング」竣工
1965年(昭和40年) - 「大名古屋ビルヂング」竣工
1969年(昭和44年) - 「赤坂パークハウス」竣工(分譲マンション事業開始)
1989年(平成元年) - アメリカ・ニューヨークのロックフェラー・センターを買収
1993年(平成5年) - 「横浜ランドマークタワー」竣工、「パークハウス多摩川」全棟竣工
2002年(平成14年) - 新生「丸の内ビルディング」竣工
2007年(平成19年) - 新生「新丸の内ビルディング」竣工
2011年 (平成23年) - 藤和不動産を子会社化し、住宅分譲部門を分社化、三菱地所レジデンス株式会社を設立 ブランド名をパークハウスからザ・パークハウスへ変更[11]
2013年(平成25年) - 「グランフロント大阪」、「MARK IS 静岡」、「MARK IS みなとみらい」竣工

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都千代田区大手町一丁目6番1号
(大手町ビル)

*グループ会社は事業分野別に、ビル事業、生活産業不動産事業、住宅事業、海外事業、投資マネジメント事業、設計監理事業、ホテル事業、不動産サービス事業などをカバーする。

三菱地所|グローバルでの取り組み

http://www.mec.co.jp/j/global/index.html

三菱地所グループの海外事業の内容をご案内しています。

*海外グループ会社は米国、欧州、アジアで事業を展開。

1-4 ビジョン・ミッション

三菱三綱領:所期奉公、処置光明、立業貿易

■三菱地所 ブランドスローガン

三菱地所|CSR|三菱地所グループのCSR経営

http://www.mec.co.jp/j/csr/policy/index.html

三菱地所株式会社・三菱地所グループのCSR経営についてご紹介します。私たちは、行動憲章を実践し、長期ビジョンの達成に向け経営戦略を推進し、真の企業価値の向上をめざしています。

*「2020年長期ビジョン」など。

2. 三菱地所株式会社って何をする会社?

(30代男性・海外営業)一流企業らしく、やりたいことをやらせてもらえる。一番よいのは海外勤務があるところ。その代わりTOEICの得点は、他の企業より高みを求められる。バイリンガルだと、なおよいが。

2-1 業績推移・見通し

■営業収益■
2016年 3月   1兆1,102億59万円
2017年 3月予想 1兆1,020億円

■営業利益■
2016年 3月   1,563億3200万円
2017年 3月予想 1,750億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

■セグメント別営業収益 (2017/3予想)
ビル事業(39.4%)と住宅事業(37.8%)が2本柱。

2-3 主力商品

丸ビル
「アクティブで洗練された大人たちのための丸の内スタイル」
丸の内初のビジネス・商業を融合した大規模複合ビル。商業ゾーンではショッピングやグルメ、カルチャー、エンターテイメントなどの新しい"丸の内スタイル"を提案。
(写真は丸ビル(左)と新丸ビル)

MARK IS みなとみらい
「みなとみらい最大級のライフエンターテイメントモール」
みなとみらい最大級の大型商業施設。「3世代ファミリー」など幅広いお客様のために、新しいライフスタイルを提案する多種多様な店舗が揃う。充実したシーティングスペースや屋上果樹園・菜園で心地良い時間を過ごすことが可能。

サンシャインシティ
「なんか面白いこと、ある。」
商業、アミューズメント、ビジネス、ホテル、文化などの多彩な機能を備えた5つのビルからなる複合施設。幅広い客層をターゲットに個性豊かな都市型商業ゾーンを構成。

ザ・パークハウス
高品質で一生涯にわたるサービスを提供する住まいのブランド。

ロイヤルパークホテル
すべてはお客様のために。ワンランク上のおもてなしで豊かな時をお楽しみください。

酒々井プレミアム・アウトレット
東京から車で約50分、成田空港から約10分。国際色豊かな環境に、国内外の著名ブランド約180店舗が揃うアウトレット。
場内は、アメリカン・アールデコスタイルの街並みをイメージ。

3. 三菱地所株式会社の経営者ってどんな人?

(20代女性・契約社員)女性だから管理職に就けないということなどはありません。女性の社員も増えている傾向にありますので、将来女性の管理職はもっと増えて行くと思います。

3-1 経営陣のプロフィール

取締役会長 杉山博孝
1949年 東京都出身
1968年 東京都立新宿高等学校卒業
1974年 一橋大学経済学部卒業、三菱地所株式会社 入社
2007年 取締役常務執行役員
2010年 代表取締役専務執行役員
2011年 代表取締役社長 社長執行役員
2017年4月より現職。

代表取締役社長 吉田淳一
1982年東大法学部卒、三菱地所入社。人事部長、ビルアセット業務部長などを経て、2014年に常務執行役員、16年に取締役兼執行役常務。17年4月より現職。福岡県出身。

3-2 発言・エピソード

若い頃は失敗もしました。タバコを吸いながら仕事をしていたら、火が飛んで、手書きの書類に穴を開けてしまったのです。思わずインクをこぼしてごまかしたくなりましたが(笑)、素直に「すみません!」と謝りました。入社2~3年目のことです。(杉山会長)

長期経営計画の中で、グローバル化を非常に大きなテーマとしています。我々の言うグローバル化には、2つの側面があり、一つは、我々自身が海外に行ってビジネスを行うこと、もう一つは、東京をグローバル化していくことです。
首都東京の活力を高めるためには、海外から優秀な人材、企業に来てもらう、ビジネスのインバウンドとしての丸の内のグローバル化が非常に大事だと思っています。「EGG JAPAN(日本創生ビレッジ)」をつくったきっかけは、日本のベンチャー企業の育成でしたが、今は海外の企業に日本に進出してもらうためのプラットフォーム機能も担っています。これも非常に社会的使命の大きいことであると考えています。東京のグローバル化には国も力を注いでいます。大手町連鎖型都市再生プロジェクトの第3次事業では海外企業等支援センター(仮称)を新設し、官民が協力できる体制を整えていきます。
2020年に開催される東京オリンピック、パラリンピックは、日本を見ていただき、日本の良さを理解していただく良い機会であると思います。当社にとっても東京、そして丸の内という街の魅力を存分にアピールする絶好のチャンスであると考えています。(杉山会長)

吉田氏は「世界の人々や企業を迎えるためには、多様性を受け入れなければいけない」と指摘。そうした視点を街づくりだけでなく、社内の人材活用にも生かしていく考えを示し、「これからの人材には10~20年後の事業の柱をイノベーションしていく力が必要だ。自由な発想や変革を見いだせる環境づくりを進めたい」と語った。

4. 三菱地所株式会社ではどんな社員が働いているの?

(20代男性・財務会計職)いい意味でも悪い意味でも保守的な人が多いように思える。立地のよい土地を持っているがゆえに、なかなか外に出て行っていないように思える。

4-1 従業員数

連結 8,474人(臨時従業員数 6,427人)
単体  737人(同 162人)(2016年3月31日)

4-2 平均年齢

40.9歳(単体、2016年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

17.1年(単体、2016年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

1,163万3,802円(単体、2016年3月31日現在)

4-5 社員インタビュー、コメント

熊野 雄介 ビル営業部 副長
法学部政治学科卒 1997年4月入社
入社以来、一貫してビルと商業施設の営業に携わっています。三菱地所が所有・管理する建物にオフィスや店舗のテナントを誘致する仕事です。現在所属するビル営業部では、テナント候補への新規営業、企業の移転情報を扱う仲介会社との調整、再開発プロジェクトのプランニングやコンセプトメイクなど多岐にわたる業務に関わっています。

川野 友佳子 法務・コンプライアンス部副主事
文学部 行動文化学科 卒 2005年4月入社
法務・コンプライアンス部で、リスクマネジメントとコンプライアンス推進に携わっています。最近、話題になるニュースも多く、企業として社会での信頼を高めていくために非常に重要な業務です。
その対象となるのは三菱地所だけでなく三菱地所グループ全体。グループ全体の役職者が集まって、リスクマネジメントやコンプライアンス上の課題について協議する会議の事務局を務めながら、課題の抽出、具体的な施策の企画、進捗の管理などを幅広く行っています。

 

5. 三菱地所株式会社の人材採用・育成方法

(30代男性・プロパティパネジャー)業務の面白さは部署や業務による。基幹事業である既存ビルの賃貸業務に関して言えば、仕事に刺激や変化を求めるタイプの人は退屈に思えてしまっても仕方ないかな。

5-1 採用に関する方針・施策

5-2 育成に関する方針・施策

三菱地所(株)では、社員は企業にとっての重要な経営資源であるとの認識のもと、「人材」ではなく「人財」と捉えています。人財の成長は三菱地所グループの持続的な成長に不可欠との考えから人財育成制度改革を行い、2009年4月から運用しています。
三菱地所が求める人財像を「人間力」「不動産力」「仕事推進力」「経営力」「グローバル対応力」の5つの力を備えた人物であると定義。個々の力を最大化しながら、「個性豊かなプロ集団」として、一体となってパフォーマンスを高めることをめざしています。研修制度や人事ローテーション、職場レベルでの組織的な人財育成への取り組みと併せ、複合的なアプローチで人財の育成を進めています。

キャリア開発に向けた面談の実施

各自が業務上の目標と自身の能力開発における目標を設定し、達成度について、半期ごとに上長が評価・コミュニケーションを行うMBO(目標管理)面談を実施しています。また、人財育成と会社への要望・能力開発目標に関する意見聴取を目的に、理事を除く全社員を対象として、定期的な人財育成面談を実施しています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

公正な給与体系
三菱地所(株)では2000年から定期昇給を廃止して、能力伸張に応じた昇給制度を導入しており、MBOに基づく成果主義賞与制度、納得性の高い考課・昇格制度とすることで、社員の能力とモチベーションの向上を図っています。なお、性別による給与格差はありません。

6. 三菱地所株式会社出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

福岡資麿氏
自由民主党所属の参議院議員(2期)、自由民主党人事局長。過去に、内閣府副大臣、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、参議院行政監視委員長、衆議院議員(1期)、自民党佐賀県連会長。
三菱地所時代は住宅開発、住宅販売等を経験。また広報部時代には大規模再開発「丸ビル」のオープニングを手がける。

7. 三菱地所株式会社の福利厚生は?

(20代女性・用地仕入)家庭のある人が早めに帰ることもあるので、ワークライフバランスはとてもよいと感じます。ただ営業職の場合には、時期などにより激務であると言っている人もいました。

社宅・寮/独身社宅、転勤者用社宅、転勤帰任者用社宅
諸制度 /住宅取得援助、企業年金、社員持株会、共済会、社内預金、
各種社会保険、ベビーシッター費用助成など

8. 三菱地所株式会社の中途採用求人は?

三菱地所|採用情報|キャリア採用

http://www.mec.co.jp/j/saiyou/career/index.html

三菱地所株式会社のキャリア採用情報をご覧いただけます。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ドン・キホーテホールディングス傘下の総合不動産会社。主にドン・キホーテの商業施設の不動産賃貸・不動産管理を事業としている。全国各地に保有する商業施設の賃貸からビル管理・運営、保守・メンテナンスまでワンストップサービスを提供。その他事業として、エネルギーの効率化によるコスト削減のコンサルティングサービスも手がける。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


キャリコネ
wiget_w300 wiget_w300