【粒ぞろいより粒違い】株式会社博報堂に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【粒ぞろいより粒違い】株式会社博報堂に転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内第2位、世界第7位の広告代理店。親会社は博報堂DYホールディングス。企業フィロソフィに「生活者発想」と「パートナー主義」を掲げる。4マス媒体の売上構成比は54.7%。社員の個性を重視し、「粒ぞろいより粒違い」が人材育成の方針。10年間で複数の異なる領域の業務を担当する「多段階キャリア育成制度」がある。


1. 博報堂ってどんな会社?

1-1. ひとことで言うと

日本の広告代理店。博報堂DYホールディングスの子会社。博報堂DYメディアパートナーズ、大広、読売広告社とともに、博報堂DYグループの中核を担う企業。(中略)広告代理店としては国内第2位、単体で世界第7位。

1-2. 創業者と沿革

瀬木 博尚〈1852−1939〉
明治28年に日本橋に教育雑誌の広告取次店「博報堂」を開業。自分の名の1字を用いて、「不当な利益を求めず、細く長く最小限の利益を得て、博(ひろ)くお客様に奉仕報酬する」という意味で「博報堂」と命名する。その後『帝国少年議会議事録』などの雑誌も出版。これが日本初の広告代理店で、博報堂の前身となった。

出典:http://wizbiz.jp/MagazineArticle.do?magazineid=29&articleno=352

明治28年(1895年)に東京都日本橋本銀町に教育雑誌の広告取次店「博報堂」を開業。
明治30年(1897年)、神田区末広町に移転。明治43年(1910年)、日刊『内外通信』を発刊、社名を「内外通信社」と改称する。なお、広告部門には「広告部博報堂」の名称を継続使用した。
大正3年(1914年)、神田区錦町に移転。大正13年(1924年)、株式会社化し、初代取締役社長に就任。資本金50万円。
大正15年(1926年)、宮武外骨のコレクションを元にした「明治新聞雑誌文庫」を設立し、東京帝国大学に寄贈した。

1-3. 本社所在地とネットワーク

本社
東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー

本社・支社・営業所 | 国内ネットワーク | ABOUT | 博報堂 HAKUHODO Inc.

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/network_domestic_group/head_office

博報堂についてのご紹介になります。博報堂のWebサイト。ニュース、会社概要、採用情報、調査資料など。博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに、新しい広告会社の姿へと常に自己革新を続けています。

※国内には本社のほか、関西支社、京都営業所、中部支社、九州支社、鹿児島営業所を置く。

子会社・関連会社 | 国内ネットワーク | ABOUT | 博報堂 HAKUHODO Inc.

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/network_domestic_group/subsidiary

博報堂についてのご紹介になります。博報堂のWebサイト。ニュース、会社概要、採用情報、調査資料など。博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに、新しい広告会社の姿へと常に自己革新を続けています。

※TBWA\HAKUHODO、北海道博報堂、博報堂プロダクツなど子会社、関連会社多数。

海外ネットワーク | ABOUT | 博報堂 HAKUHODO Inc.

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/network_overseas

博報堂についてのご紹介になります。博報堂のWebサイト。ニュース、会社概要、採用情報、調査資料など。博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに、新しい広告会社の姿へと常に自己革新を続けています。

※「博報堂ドイツ」など海外アジア・オセアニア、北米、ヨーロッパに拠点を持つ。

1-4. ビジョン・ミッション

「生活者発想」は、私たちの発想の原点です。
「生活者発想」とは、人を、単に「消費者」として捉えるのではなく、多様化した社会の中で主体性を持って生きる「生活者」として全方位的に捉え、深く洞察することから新しい価値を創造していこうという考え方です。生活者を誰よりも深く知っているからこそ、クライアントと生活者、さらには社会との架け橋をつくれるのだと考えます。

「パートナー主義」は、私たちのビジネスの原点です。
「パートナー主義」とは、「責任あるパートナーとしてクライアントと共に語りあい、行動し、創造する」ことです。生活者発想という異なる視点を持った上で課題を共有出来るからこそ、パートナーになれると考えます。

※博報堂と博報堂DYメディアパートナーズの合同ビジョン。

2. 博報堂って何をする会社?

(30代男性・代理店営業)いまだ年功序列も見受けられ、昔ながらの日本企業といった雰囲気もある。特にWEBを除くメディア業界は閉鎖的で、馴染んでしまえば独特な居心地の良さを感じる。

2-1. 業績推移・見通し

売上高(2016年3月期)8552億9400万円
経常利益(同上) 304億2900万円

博報堂の業績概要(出典:2016年3月期 第13期報告書)

2-2. 事業セグメントと業績内訳

▲種目別売上高構成比
テレビ 45.3%、新聞 6.0%、雑誌 2.2%、ラジオ 1.2%
「4マス」媒体で54.7%

2-3. 主力事業

BUSINESS | 博報堂 HAKUHODO Inc.

http://www.hakuhodo.co.jp/business/

博報堂のビジネスについてのご紹介になります。博報堂のWebサイト。ニュース、会社概要、採用情報、調査資料など。博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに、新しい広告会社の姿へと常に自己革新を続けています。

※総合広告会社としてマーケティング、クリエイティブ、プロモーションなど幅広い事業領域を擁する。

「未来を発明する会社へ。 Inventing the future with sei-katsu-sha」
博報堂・博報堂DYメディアパートナーズのビジョン「未来を発明する会社へ。 Inventing the future with sei-katsu-sha」を表明する企業広告を制作しました。

3. 博報堂の経営者ってどんな人?

(30代男性・マーケティング職)業界そのものの成長が頭打ちということは、社員の給料も頭打ちということであり、いまが多少高いということは小さな慰めにしかならない。

博報堂社長に水島正幸常務執行役員、DAC矢嶋会長が博報堂DYMP社長に | AdverTimes(アドタイ)

https://www.advertimes.com/20170214/article244280/

博報堂は14日、次期社長に水島正幸常務執行役員(56)を昇格させる人事を発表した。

博報堂は14日、次期社長に水島正幸常務執行役員(56)を昇格させる人事を発表した。4月1日付で代表取締役社長に就任する。戸田裕一社長は会長職に就き、博報堂DYホールディングス代表取締役社長は留任となる。

3-1. 社長のプロフィール

博報堂 代表取締役社長 戸田 裕一
1948年11月 静岡県静岡市生まれ
1972年3月 一橋大学社会学部卒業、4月 株式会社博報堂入社
1988年4月 株式会社博報堂 第三制作局クリエイティブディレクター
1998年12月 株式会社博報堂 経営管理本部経営企画室長
2002年6月 株式会社博報堂 取締役常務執行役員
2003年10月 株式会社博報堂DYホールディングス 常務取締役
2005年6月 株式会社博報堂DYホールディングス 専務取締役 兼 株式会社読売広告社 取締役
2006年6月 株式会社博報堂DYホールディングス 代表取締役社長
2007年4月 グループ戦略統括担当 兼任
2009年4月 イノベーション創発センター担当 兼任
2010年6月 株式会社博報堂 代表取締役社長 兼任
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%B8%E7%94%B0%E8%A3%95%E4%B8%80

3-2. 発言、エピソード

博報堂の中核能力は、クリエイティビティです。異なった価値観、異質な才能、多様な文化のぶつかり合いから、新しいアイディアが生まれます。教科書に書かれていることは、すべて過去のことに過ぎません。「未来を発明する」ためには、今まで以上に「粒違い」の多様な個性が必要です。皆さんには、若さとエネルギーに満ち溢れた「粒違い」の個性として、刺激しあって共に成長していただきたい、と思います。

4. 博報堂ではどんな社員が働いているの?

(30代女性・代理店営業)契約社員でも正社員と同じ内容の福利厚生が利用できた。オフィス内にある診療所や歯科が無料で利用できるのはかなり助かった。

4-1. 従業員数

従業員数(2016年3月31日現在)
本社 2,346人(臨時従業員数 517人)
関西支社 183人(同 47人)
九州支社 46人(同 20人)
中部支社 44人(同 12人)

博報堂は博報堂DYホールディングス傘下の非上場企業であり、「4.2 平均年齢、4.3 平均勤続年数、4.4 平均年間給与」は公開されていない。

4-5. 活躍する社員インタビュー、コメント

榎本 卓朗
2000年博報堂入社。クリエイティブディレクター・アートディレクターとして博報堂を代表するヒット広告を連発している。グラフィックとTVCMの両方を手がけるマルチプレイヤー。東京ADC賞グランプリほか受賞歴も多数。

CREATOR'S COVER | SPECIAL | 博報堂 HAKUHODO Inc.

http://www.hakuhodo.co.jp/creators_cover/cc_01/

各種レポートやコラムなどのご紹介になります。博報堂のWebサイト。ニュース、会社概要、採用情報、調査資料など。博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに、新しい広告会社の姿へと常に自己革新を続けています。

山本友理 コピーライター
2007年入社/10年目 博報堂/インタラクティブデザイン局
「コピーライターで、企画するのが大好きで、ゲームとアニメのオタクで、2歳の息子がいます。どんな顔の自分も活かせるのが、この会社のいいところ。」

 

5. 博報堂の人材採用・育成方法

(20代男性・企画営業)恒常的に残業をしている状況。入社から4年目の途中までは100時間程度残業代が支払われるが、それ以降はみなし残業を含めた給料体系となる。

5-1. 採用に関する方針・施策

■プロフェッショナル採用【期間限定】
博報堂は、来る2020年とその先の広告市場をリードすべく、広告業界経験者の採用を積極化します。強固なパートナーシップを築き、クライアントの持つ様々な課題を解決するためのコミュニケーション戦略の立案・実施等のプロデュース業務に力を発揮していただきます。期間限定ですので、今こそご応募ください。(2017年1月31日(火)までの期間限定)

最近はデジタル化やグローバル化によって、広告ビジネス自体の変化のスピードが早くなってきているので、「広告業界の経験年数が長い」ということが、実は重要視すべきファクターではなくなってきていたりするんです。社会人2~3年目くらいの方たちは、当社に新卒で入った人たちとは違う環境で仕事をして、異質なスキルや経験を持たれている方たちなのですごく興味があります。

5-2. 育成に関する方針・施策

博報堂には人材育成の方針として、「粒ぞろいより粒違い」という昔から大切にしている言葉があります。一人ひとりの違った個性が自分らしく生き生きと輝いていて、粒立っているような状態。その多様な個性が集まりチームを組むことが新たな価値を生み出すという考え方です。

博報堂や博報堂DYメディアパートナーズには「多段階キャリア育成制度」というのがあります。
10年間で複数の異なる領域の業務を担当するものです。私も初任は営業職で、その後大阪へ異動となり、現在の人事局へ配属となりました。
この制度は若いうちに幅広い業務経験をし、社内ネットワークを作ることで柔軟な発想と人間力の向上を目指すというシステムです。
また、悩み事はひとりで抱え込まないよう「タテ・ヨコ・ナナメ」という文化があり、組織の上下や仕事のチームとは直接関係のない先輩・後輩が相談に乗ってくれる風土があります。社内に悩みを相談できる人がいる、大家族のようなのも昔ながらの社風だと思います。

「社内転職」ってなに!? いま、博報堂の制度がアツいらしい。 (1) これからの人材育成に、多段階キャリア育成制度

http://news.mynavi.jp/kikaku/2015/06/11/002/

『若者はなぜ3年で辞めるのか?』という著書がヒットして久しいですが、若者の早期退職傾向はとどまることはなく、むしろ一つの会社で定年まで働く志向を持つ人の方が少なくなってきています。

5-3. 評価・報酬に関する方針・施策

博報堂は非上場企業なので平均給与データが公開されていない。

6. 博報堂出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

(20代女性・アカウントエグゼクティブ)女性の管理職比率はものすごく少ない印象です。労働時間の長さが尊重される風土のため、成果を上げても家庭のために早く帰る者に評価をするのが難しいのだと思います。

作家、俳優 中谷彰宏
1959年大阪府生まれ。早稲田大学文学部演劇科卒業。博報堂でCMプランナーを務めたあと、独立。
91年に、(株)中谷彰宏事務所を設立。主な著書は、「なぜあの人は余裕があるのか。」(PHP研究所)「決断できる人は、うまくいく。」(学研パブリッシング)など、現在、著書は970冊を超える。【中谷塾】を主宰し、東京ほか全国で講演活動を行う。

箭内道彦(やない・みちひこ)
1964年生まれ。東京藝術大学卒業。1990年博報堂入社。2003年5月独立し、風とロックを設立。「風とロック」(TOKYO FM、JFN各局)、「My Tokyo東京に恋をして」(ニッポン放送)番組パーソナリティー。2015年3月、福島県立ふたば未来学園の、谷川俊太郎作詞による校歌を作曲。2015年4月、福島県クリエイティブディレクターに就任した。

佐藤可士和(さとう・かしわ)アートディレクター/クリエイティブディレクター。
1965年東京生。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。株式会社博報堂を経て2000年独立。同年クリエイティブスタジオ「サムライ」設立。進化する視点と幅広いジャンルでの強力なビジュアル開発力によるトータルなクリエイティブワークは、多方面より高い評価を得ている。明治学院大学客員教授、多摩美術大学客員教授。東京ADCグランプリ、毎日デザイン賞、朝日広告賞、亀倉雄策賞、東京TDC金賞、ほか多数受賞。東京ADC、東京TDC、JAGDA会員。著書に「佐藤可士和の超整理術」(日本経済新聞出版社)。

ネットニュース編集者 中川淳一郎
1973年東京都生まれ。一橋大学卒業後、博報堂で企業のPR業務に携わり、2001年退社。ライター等を経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』等。「サッポロ黒ラベル」党。

渋谷区長 長谷部 健
昭和47年(1972年)3月渋谷区神宮前生まれ
専修大学商学部卒業。(株)博報堂退職後、NPO法人green birdを設立し、まちをきれいにする活動を展開 。原宿・表参道から始まり全国60ヵ所以上でゴミのポイ捨てに関するプロモーション活動を実施。2003年から渋谷区議会議員(3期12年)。2015年4月27日から渋谷区長就任

※博報堂出身の有名人、クリエイターのリストあり。

7. 博報堂の福利厚生は?

(20代男性・企画営業)一般の人に知られる仕事で自分が成し遂げたものが形になるため、面白さや達成感を感じることができる。世の中には影響力のある仕事であることは間違いない。

賞与: 年1回
勤務時間: 9:30~17:30
休日: 完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
休暇: 年次有給休暇/勤務年数に応じ15日~25日(ただし初年度は12日)
フリーバカンス/年2回、連続5日間の休暇制度
福利厚生: 制度/各種社会保険、企業年金、育児・介護休暇制度など
施設/軽井沢クラブ、保養所、診療所、その他各地に契約施設

8. 博報堂の中途採用は?

キャリア採用 | RECRUIT | 博報堂 HAKUHODO Inc.

http://www.hakuhodo.co.jp/employment/carrier/

博報堂の採用情報についてのご紹介になります。博報堂のWebサイト。ニュース、会社概要、採用情報、調査資料など。博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに、新しい広告会社の姿へと常に自己革新を続けています。

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


広告 東京都港区 博報堂

関連する投稿


営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

広告代理店にとっての営業部門は、まさに顔といってもいいほど、会社を代表する部門。新卒入社組の7~8割が最初に配属されるといわれています。営業の仕事とは具体的にどのようなことをおこなっているのでしょうか。


「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

一口に広告業界といってもさまざまな会社が関わっています。広告代理店のみならず、制作会社、PR会社やコンサルティング会社など、それも広告に携わっている会社です。いったいどのような会社があるのか見ていきましょう。



最新の投稿


【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手。全国地方銀行協会システム(ACS)や全銀システム、アメダス、郵便貯金システム、社会保険システム、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS)、都銀キャッシュサービス(BANCS)など日本の基盤となるシステムを構築している。


中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船底塗料の製造が主となる中国化学工業合資会社が前身で、現在は船底塗料の他にもプレジャーボート用塗料、コンテナ用塗料、プラスチック用機能性塗料など多岐にわたる塗料を製造している。錆防止や海洋生物の付着防止の性能に拘って製造された塗料は信頼も高く国内シェアNo1を誇っている。大正6年から研究され受け継がれた技術力も有数。


太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽インキ製造株式会社を前身としたソルダーレジストを主として取り扱う製造会社。ソルダーレジストについては海外へのシェア率が高く、海外売上比率が80%を超えている。多くの電子基板への使用率が高いのが当社の強みとなっている。他にも異方導電性接着剤、感光性カバーレイフィルムの製造等、幅広く事業展開している。


東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

持ち株会社としてグループ企業の統括および戦略立案を行う、ホールディング会社。グループの主な事業は、「東洋インキ株式会社」が中心となって展開する、印刷・情報関連の事業、パッケージ製品の開発・生産をはじめ、「トーヨーカラー株式会社」が中心となって展開する印刷インキや塗料の製造などがある。


株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1927年で、80年以上の歴史がある男性化粧品の草分けメーカー。男性用整髪料をメインの商品として展開し、シェアは国内トップクラスを保持している。中でも「GATSBY」シリーズはブランド名として馴染みが深い。男性化粧品だけでなく、女性化粧品ブランドの「ルシードエル」「バリアリペア」なども展開している。


wiget_w300 wiget_w300