【グローバルに活躍したい人を求む】石原産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【グローバルに活躍したい人を求む】石原産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

鉱山開発をするために創業者が合資会社を設立したことで誕生。現在は化学産業を行う企業として非常に大きな知名度を誇っている。主力産業である二酸化チタンの製品・事業に関しては日本では第1位のシェアを、世界全体でみても第6位のシェアを獲得している。酸化チタンのほかに、農薬も主力製品である。


石原産業株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2018

https://job.rikunabi.com/2018/company/r426200070/employ/?isc=ps350

【リクナビ2018】石原産業株式会社の2018年度採用スケジュール、採用人数、選考基準、福利厚生、給与などの採用情報を紹介。

採用データ:求める人物像・選考基準

1. 石原産業ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

大阪府大阪市西区に本社を置く大手化学メーカーである。

1-2 創業者と沿革

創業者 石原広一郎

1916年にマレー半島に渡航し鉄鉱山の発見・開発に成功。東南アジア各地や日本国内での鉱山開発や、海運業へ事業を拡大した。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
大阪府大阪市西区江戸堀一丁目3番15号

国内外の事業拠点

国内外の連結子会社

1-4 ビジョン・ミッション

基本理念
・「社会」、「生命」、「環境」に貢献する。
・株主、顧客・取引先、地域社会、従業員を大切にする。
・遵法精神を重んじ、透明な経営を行う。

行動基準
・社会から信頼される事業活動を行うため、社会規範、法令、会社の諸規定を遵守し、高い倫理観と良識をもって行動する。
・ものづくりに際しては、地球環境との調和を図り、常に安全確保に万全を期し、無事故・無災害に努める。
・相互協力、相互理解により人権を尊重し、風通しのよい働きやすい職場をつくる。
・企業活動の透明性を保つため、企業市民としてコミュニケーションを重視し、企業情報を適時、的確に開示する。

2. 石原産業って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
平成28年3月期 1029億300万円
平成27年3月期 1033億3000万円
平成26年3月期 1052億9300万円

▲営業利益
平成28年3月期 83億1400万円
平成27年3月期 111億400万円
平成26年3月期 30億3800万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
平成28年3月期(93期) 94億6200万円
平成27年3月期(92期) 69億830万円
平成26年3月期(91期) △78億3600万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業別売上高(2015年度)
有機化学事業 495億円
無機化学事業 499億円
その他事業 34億円

▲地域別売上高(自 平成27年4月1日 至 28年3月31日)
日本 489億8100万円
アジア 184億1100万円
米州 112億9300万円
欧州 239億6900万円
その他 2億4700万円

2-3 主力商品

酸化チタン製品

私たちの日常生活のなかで「白」はすべての色の基礎となっていますが、数ある白色顔料の中で酸化チタンに優るものはありません。生活環境のカラフル化や生活水準の向上にともない、様々な用途に適した高品質の酸化チタンの需要はますます増大しています。当社はこれらの用途のご要望にお応えできるよう、タイペークの商品名で需要家に親しまれている各種の銘柄を取り揃えています。

超微粒子酸化チタン

ナノ領域の微粒子酸化チタン合成により優れた紫外線カットと高い透明性を実現。
微粒子としてのさまざまな特性が幅広い用途に応用されています。

エナマイト®(ENERMIGHT®) LTシリーズ
当社は、酸化チタン、機能材料で長年培った工業的粉体製造技術を駆使し、リチウムイオン二次電池の負極材用として、チタン酸リチウム「エナマイト®(ENERMIGHT®)LTシリーズ」を開発しました。
チタン酸リチウムはLiイオンの挿入・脱離に伴う体積変化がわずかであり、容量劣化がほとんどありません。また、充放電電位が約1.5V(vs Li/Li+)であるため、電解液の分解や急速充放電によるリチウム金属の析出などの副反応が生じにくい特徴を有しています。チタン酸リチウムを用いることで次のような電池設計が可能となります。
(「エナマイト®」「ENERMIGHT®」は日本での石原産業株式会社の登録商標です)

3. 石原産業の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 田中 健一
昭和29年1月18日生
昭和51年4月 当社入社
平成21年4月 執行役員総務本部長代行兼社長室人事部長
平成23年6月 総務本部長
平成24年6月 常務執行役員
平成25年1月 兼総務部長
平成26年6月 取締役 常務執行役員
平成27年6月 代表取締役 取締役社長社長執行役員(現任)兼コンプライアンス統括役員(CCO)
(現任)兼事業戦略室長
平成28年2月 総務人事本部長(現任)
出典:
http://www.iskweb.co.jp/cgi-pdf-n/yuka/1467868823_1.pdf

3-2 発言、ブログ、エピソード

私たち人類は、これからも「科学」を発展させるため歩み続けるでしょう。
そして、私たち化学企業体は、地球にやさしい「化学」の研究・開発を追究し、人と自然とテクノロジーの調和に取組み、歩み続けていくでしょう。

 今から 96 年前、マレー半島で鉱山開発を進めるために設立された当社は、戦後、酸化チタン、農薬を中心に事業を展開してきました。これまでの歴史は、当社にとって「経済活動と環境保全の相克の歴史」といっても過言ではありません。高度経済成長期に経験した四日市公害、2000 年代に入ってからのフェロシルト問題(2015 年 12 月に全量最終処分を完了)は、化学メーカーとしての当社のあり方に大きな見直しを迫りました。
 このような経験を踏まえ、当社の基本理念を『「社会」「生命」「環境」に貢献すると共に、株主、顧客・取引先、地域社会、従業員を大切にし、遵法精神を重んじた透明な経営を行なう』と定め、法令順守とコーポレートガバナンスの大切さを改めて認識しました。特に、化学メーカーとして、常に環境への影響を最優先に、一企業、また一市民として、環境・安全に関わる適切な情報発信に積極的に取り組んでおります。この報告書を通じて、その取り組みの一端をご理解いただければ幸いです。

4. 石原産業ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1604人
単体 1106人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 42.8歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 19.3年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 635万3000円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

東久美子
中央研究所

私が入社を決めたのは、採用の段階で何人もの研究所の方々と接する機会があり、ここなら自由な雰囲気の中で研究開発ができると思ったからです。実際に入社してみても、若手でも意見を言いやすく、組織の風通しは良く、情熱を持って仕事に取り組んでいます。

京極 啓介
生産部門(酸化チタン)

ISKは少数精鋭採用で、社員をじっくり育成しようという伝統があります。若手であっても、個人の裁量でチャレンジできることも私のやりがいにつながっています。

 

5. 石原産業の人材採用・育成

5-1 採用に関する方針・施策

ISKでは理系学部卒の方も数多く事務系のフィールドで活躍しています。
技術的な素養を活かしながらも、もっと自分の可能性を試したい方はどしどしチャレンジして下さい。

求める人物像・選考基準
・仕事を通じて世界を支える職や農業に貢献したい方
・高い技術・誇れる製品を普及したい方
・グローバルに活躍したい方

特に今年度は、私たちの目指す姿を理解し、共感され、その中で自分らしさを主張できる、また、前例や既成概念にとらわれない、自立型人材を募集しています。

5-2 育成に関する方針・施策

・教育研修:
新入社員研修、ビジネス・スキル研修、グローバル人材育成プログラム、通信教育ほか

・教育制度:
当社は入社時の技能や資格よりも、入社後のポテンシャルを重視しています。ですから当社の人材育成は、その人の長所を活かしながら、長期的な視野で育てて行くのが特徴です。向上心のある社員には、外部教育機関と提携して、MBA科目に準じた研修や語学学校への派遣など各教育制度を充実させております。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・初 任 給:
2016年4月初任給(月給)実績
大学院(博士)了/271,760円
大学院(修士)了/241,010円
大 卒    /218,300円

・昇給:年1回(4月)
・賞与:年2回(7月、12月)

6. 石原産業出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません。

7. 石原産業の福利厚生は?

福利厚生:
寮(個室約7帖 寮費5000円/月)、社宅(約3LDK 社宅費3万円/月)、持家援助制度、各種貸付金、
慶弔金、体育館(四日市、草津)、テニスコート、各種クラブ活動など

8. 石原産業の中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

人工知能、金融工学等のコアテクノロジーを軸に、マーケティング・テクノロジー事業を主に展開しているインターネット広告会社。情報通信技術を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る事を掲げており、サービスの一つであるLogicadでは広告配信最適化プラットフォームを実現している。ソネットの子会社。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300