【部活動が盛ん】日鉄住金物産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【部活動が盛ん】日鉄住金物産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2013年10月、新日鉄住金グループの中核商社だった日鐵商事(株)と住金物産(株)が統合して誕生。「鉄鋼」「産機・インフラ」「繊維」「食糧」の4つの基軸事業を展開する複合専業商社である。


部活動の紹介

1. 日鉄住金物産ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

鉄鋼製品・繊維製品・食糧・機械、その他の商品の販売及び輸出入行う専門商社である。

1-2 創業者と沿革

住金物産株式会社
1941年(昭和16年) 4月 住友金属工業株式会社(現新日鐵住金株式会社)の指定問屋4社が一括合併して、ヰゲタ鋼管販売株式会社を設立。

日鐵商事株式會社
1977年(昭和52年) 8月 日鐵商事株式會社を設立。
11月 大阪鋼材株式会社、入丸産業株式会社を吸収合併。

2013年(平成25年)10月1日統合し、日鉄住金物産株式会社として新発足

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都港区赤坂八丁目5番27号 日鉄住金物産ビル

国内拠点: 国内外拠点 | 日鉄住金物産株式会社

http://www.nssb.nssmc.com/base/domestic_base.html#a4

日鉄住金物産のオフィシャルサイトです。国内拠点についてご紹介します。

海外拠点: 国内外拠点 | 日鉄住金物産株式会社

http://www.nssb.nssmc.com/base/foreign_base.html

日鉄住金物産のオフィシャルサイトです。海外拠点についてご紹介します。

国内グループ会社: 国内外拠点 | 日鉄住金物産株式会社

http://www.nssb.nssmc.com/base/domestic_group.html

日鉄住金物産のオフィシャルサイトです。国内グループ会社についてご紹介します。

海外グループ会社: 国内外拠点 | 日鉄住金物産株式会社

http://www.nssb.nssmc.com/base/foreign_group.html

日鉄住金物産のオフィシャルサイトです。海外グループ会社についてご紹介します。

1-4 ビジョン・ミッション

■企業理念
1. 新たな社会的価値を持った製品、サービスを生み出す高い志を持った企業グループであり続けます。
2. 信用、信頼を大切にし、お客様と共に発展します。
3. 人を育て人を活かし、人を大切にする企業グループを創ります。

■経営方針
1. 新日鐵住金グループの中核商社として四事業分野の強化と拡充
2. グローバル戦略の加速
3. 複合専業商社としての総合力の発揮
4. コンプライアンスの徹底

2. 日鉄住金物産って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
1兆9,308億円(2016年3月期)
2兆1,046億円(2015年3月期)

▲営業利益
278億円(2016年3月期)
286億円(2015年3月期)

▲当期純利益
173億円(2016年3月期)
174億円(2015年3月期)

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2016年3月期)
鉄鋼:1兆5,111億円
繊維:1,761億円
食糧:1,490億円
産機・インフラ事業:932億円
その他:14億7,700万円

※「その他」は報告セグメントに含まれない事業セグメント
出典:http://www.nssb.nssmc.com/spdf/251.pdf

▲地域別売上高(2016年3月期)
日本:1兆4,277億5,200万円
アジア:4,175億2,200万円
その他:855億7,100万円

2-3 主力商品

鉄鋼事業
新日鐵住金グループの中核商社として、鉄鋼原料の調達からお客様への製品納入まで、総合的なサービスを提供しています。

繊維事業
アパレルメーカー向けOEM生産を主軸に、素材の開発から製品の企画・生産・物流までを一貫して手掛けるメーカー型商社の機能を強化しています。

食糧事業
輸入食肉のパイオニアとしての実績をベースに、安心・安全で高品質な食材・食品の開発輸入を通じて、食文化の充実に貢献しています。

3. 日鉄住金物産の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 樋渡 健治
昭和28年1月16日生
昭和50年4月 新日本製鐵㈱(現・新日鐵住金㈱)入社
平成23年4月 同社常務執行役員、厚板事業部長、建材事業部長
平成24年10月 新日鐵住金㈱常務執行役員、厚板事業部長、建材事業部長
平成25年4月 同社執行役員、日鐵商事㈱顧問
平成25年6月 日鐵商事㈱代表取締役社長
平成25年10月 当社代表取締役副社長
平成27年4月 当社代表取締役社長(現)

出典:
http://www.nssb.nssmc.com/spdf/251.pdf

3-2 発言、ブログ、エピソード

日鉄住金物産グループでは、地球環境問題が大変重要な問題であるという認識のもと、「環境方針」を制定し、関係者が一丸となり、地球環境の保全や省エネに取り組むことで、社会に貢献していくことを、共通の課題としております。
当社の事業領域、鉄鋼、産機・インフラ、繊維、食糧及び企画管理本部のすべてにおいて、関連する法令を順守することは勿論のこと、その背景にある「精神」をよく理解し、事業活動による環境負荷を軽減すると同時に、信用、信頼を大切にし、お客様と共に発展するという「企業理念」に基づき、ステークホルダーの皆様から、ご信頼いただけるような取り組みを、国内外で推進してまいります。

①けん引材料は、政府の成長戦略、経済対策と震災復興・国土 強靭化の取り組み、2020年夏季オリンピック・パラリンピックに向けた首都圏の再開発、および、インバウンド需要の拡大や消費税増税前の需要の前倒し。
 懸念材料は、中国経済の下振れ、米国の出口戦略に伴う新興国経済への影響や急激な為替変動、および、世界各地域の地政学的リスクに伴う不安定化。
②マクロ環境の変化を見据え、鉄鋼、産機・インフラ、繊維、食糧の四つの事業が相互補完し
ながら収益を確保し、一方で将来に向けてグローバルな成長を取り込む体制を一層強化する。
 また、急激な環境変化やリスクの顕在化への備えを万全にするとともに、グループとしての
一体感を持って、複合経営によるシナジーをあらゆる角度から追求していく。

4. 日鉄住金物産ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 8,179名
単体 1,468名(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均41.7歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均13.5年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均782万2,000円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

竹内 正浩 2012年入社
厚板・ステンレス・チタン営業部
ステンレス・チタン課

私が現部署で扱っているのは、日本のメーカーが製造するステンレスやチタン製品で、これらを海外のお客様に販売しています。ステンレスは、鉄にニッケルやクロムを添加した特殊鋼で錆びにくく丈夫、チタンは強度が高く軽量なのが特徴です。いずれも用途は幅広いのですが、私のお客様のところでは、かなり特殊な用途にも使われています。
チタンについては、需要家指定の問屋やファブリケーター(金属加工会社)にチタン製品を提供しており、航空機部品向け用途として使われます。ステンレスについては、LNGプラントや石油精製プラント内で使用される圧力容器や熱交換器用途として販売をしています。また韓国では、特に各種プラント内で使用される配管用パイプ母材として現地大手鋼管メーカーに納入しています。

伊藤 洋 2011年入社
資金部 外国為替課

私が担当する業務は、大きく分けて三つあります。一つ目は、貿易取引における出納業務です。入社から2年間は輸出側の出納業務を担当し、現在は輸入側を担当しています。二つ目は、貿易部門のキャッシュフロー分析です。貿易取引における日々の入出金実績と今後の予想を積み上げることで、当月及び翌月以降の貿易関係における必要資金を算出します。会社全体の資金計画に繋がる重要な業務ですが、ただ数字を積み上げるのではなく、営業部門からのヒアリング等を通じ、個別の取引の内容や背景を自分自身が理解することを心掛けています。三つめは貿易金融業務です。貿易取引は為替変動リスク、代金回収リスク、信用リスク、カントリーリスクなど、様々なリスクを内包しています。これらのリスクから会社を守り、貿易取引を行うために、他部門と連携し、金融機関の様々なスキームを利用してリスクヘッジをしています。

 

5. 日鉄住金物産の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

私たちのテーマは、「世界を拡げる挑戦」。

情熱・好奇心・向上心をもって挑戦し続けたい。
更なる成長を実現したい。
そして、自分の世界を拡げていきたい。

そんな志をもった未来の商社マン・商社ウーマンをお待ちしています。

5-2 育成に関する方針・施策

新入社員研修、OJT指導員制度、各種階層別研修、専門実務研修、 語学研修、海外留学制度など

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・初任給 214,000円(2016年度実績)
・昇給 年1回(7月)
・賞与 年2回(6月、12月)

6. 日鉄住金物産出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

秦 政
アクセス法律事務所顧問

慶応義塾大学商学部(労務管理論専攻)卒業
日鐵商事株式会社(現 日鉄住金物産株式会社)を経て株式会社リクルートに入社。
同社において営業経理部長、障害者雇用特例子会社設立準備室長を経て、1990年に同社の特例子会社である株式会社リクルートプラシス(現・株式会社リクルートオフィスサポート)を立ち上げ専務取締役に就任。
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構障害者雇用アドバイザーを経て、日本障害者雇用促進協会・日本経団連障害者雇用アドバイザー、厚生労働省「難病の雇用管理のための調査研究会」調査・研究委員などを歴任。

現在、NPO法人障がい者就業・雇用支援センターの理事長を務めると共に、NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京の顧問や、厚生労働省の障害者雇用に関する各種研究委員、高齢・障害者雇用支援機構の各種研究委員、地方自治体の委員会メンバー等を務める。

7. 日鉄住金物産の福利厚生は?

・保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
・制度:住宅融資、一般融資、財形貯蓄、従業員持株会など
・施設:独身寮、社宅など
・各種クラブ活動: 野球、サッカー、テニス、ランニング、華道など
・その他:定期健康診断、健康相談、会員制福利厚生クラブなど

8. 日鉄住金物産の中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ、求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300